"Fossies" - the Fresh Open Source Software Archive

Member "tkscanfax1/doc/efax.rc.sample.ja" (8 Feb 2004, 5794 Bytes) of package /linux/misc/old/tkscanfax-1.1.8.tar.gz:


As a special service "Fossies" has tried to format the requested text file into HTML format (style: standard) with prefixed line numbers. Alternatively you can here view or download the uninterpreted source code file.

    1 # additional script to
    2 # fax - script to make, send, receive, view or print a fax
    3 # Masaki Shinomiya, 1 Feb 2002 
    4 # このファイルを編集するか、英語版を修整、 /etc/efax.rc へコピーしてください。
    5 #で始まる行はコメントなのでカットしても構いません
    6 ##と2つ続けてあるのはデフォルト
    7 # '='の前後に空白を置かないこと
    8 
    9 # ***********************************************************************
   10 # 最低限自分のFAX番号と差出人の表示をセットする
   11 # ***********************************************************************
   12 # 自分のfax番号を半角数字で。(','や'-'は使わない。空白を含め20字以内)
   13 # 送信FAXのヘッダ部分に表示されるほか、受信側fax機で表示などに利用されます。
   14 #FROM="+81 000 00 0000" # 市外局番の0は抜いておく。81は日本の国番号
   15 
   16 # 同じくヘッダ部分に表示したい文字列をセット。自分の名前や組織名など
   17 # 半角英数字または空白
   18 #NAME="My Name" 
   19 
   20 # ***********************************************************************
   21 # 以下、自分のシステムに応じて
   22 # ***********************************************************************
   23 
   24 # /dev/$DEVにモデムが繋がっていると仮定。
   25 # 例えば/dev/ttyS0に繋がっている場合、ここを DEV=ttyS0 としてもいいですが、
   26 # ln -s /dev/ttyS0 /dev/modem
   27 # などのようにシンボリックリンクを張るほうがよいでしょう。
   28 ##DEV=modem
   29 
   30 # DIALPREFIXはトーンならそのまま、パルスならば P にします。
   31 ##DIALPREFIX="T"
   32 ##DIALSUFFIX=""
   33 
   34 # このスクリプトはあまり有用ではありませんが、
   35 # たとえば +81 3 9999 9999 が→ 0 3 9999 9999 に
   36 #          +1 99 999 999  は→ 010 1 99 999 999
   37 # というように変換されます。
   38 COUNTRYCODE='81'        # Japan
   39 INTERNATIONAL='010' # Myline
   40 LONGDISTANCE='0'     # Myline
   41 TELCVT="sed -e s/+$COUNTRYCODE/$LONGDISTANCE/ -e s/+/$INTERNATIONAL/"
   42 
   43 # 想定する紙サイズ。国内ならばA4でしょう。
   44 ## PAGE=letter
   45 # PAGE=legal
   46 PAGE=a4
   47 
   48 # 送信モードはファインか普通かのどちらか
   49 ##RES=204x196			# default "Fine" resolution (196 lpi)
   50 # RES=204x98			# standard resolution (98 lpi)
   51 
   52 # ファックスビューアー
   53 # pgmファイルを標準入力から読みこんで表示できるもの
   54 ##VIEWCMD="xloadimage stdin"     # お奨め
   55 # VIEWCMD="xli stdin"			# xloadimageの代わり
   56 # VIEWCMD="pnmtoxwd | xwud"		#ちょっと遅い
   57 # VIEWCMD="xv -"			           #もっと遅い	
   58 
   59 # ファックスモデムのコマンドタイプ
   60 # ここで指定しなくてもプログラムが自動検出を試みる
   61 # CLASSINIT="-o1"       # Class 1
   62 # CLASSINIT="-o2"       # Class 2
   63 # CLASSINIT="-o0"       # Class 2.0
   64 
   65 # 回線が話し中のときの掛け直し。間隔は秒単位。デフォルトでは12回トライする。
   66 ##BUSYRETRIES="30 60 120 300 60 600 60 60 1200 60 60"
   67 
   68 # 送信中に障害があったときの再送
   69 ##FAILRETRIES="300 300"	# デフォルトでは5分あけてあと2回再送をトライ。
   70 
   71 # ***************************************************************
   72 # プリントコマンド
   73 # ***************************************************************
   74 
   75 # 普通は "lpr" か "lp"。2台目は -Plp0 とオプションが必要だったりする
   76 ##PRCMD="lpr"
   77 #PRCMD="lpr -Plp0"
   78 
   79 # プリントコマンドの詳細
   80 # -s オプションは拡大縮小率、-d オプションは印字位置の調整
   81 
   82 ##PRTYPE=ps	 # ポストスクリプトを受けて印字できるもの (Apple LaserWriterなど)
   83 # PRTYPE=pcl	  # HP-PCL (HP LaserJetなど) 
   84 # PRTYPE= ]ps または pcl でOKのものはこれ
   85 ##PRINT='$EFIX -ve -p$PAGEDIM -r300 -o$PRTYPE $f'
   86 PRINT='$EFIX -ve -p$PAGEDIM -r300 -s0.98 -d0,0.125 -o$PRTYPE $f'
   87 
   88 # そのほかの場合はいったんpbmファイルを作り、それから印字できる形に変換
   89 # PRINT='$EFIX -ve -p$PAGEDIM -r60x72 -opbm $f | pbmtoepson'
   90 PRINT='$EFIX -ve -p$PAGEDIM -r300 -s0.9x0.9 -d0.25,0  -opbm $f | pbmtolps'
   91 
   92 # Ghostscript に渡して処理できる場合
   93 # PRINT='$EFIX -ve -p$PAGEDIM -r120x144 -ops $f | \
   94 #	$GS -q  -sPAPERSIZE=$PAGE -sDEVICE=epson -r120x144 \
   95 #	-dNOPAUSE -dSAFER -sOutputFile=- - '
   96 
   97 # ImageMagicを使って('efix'がうまく働かない場合に)
   98 # PRINT='convert tiff:$f -scale 2400x3100 faxtmp.pbm; cat faxtmp.pbm | pbmtolps'
   99 
  100 # ****************************************************************
  101 # これ以降は自動受信とスプール送信の場合にのみ関係する設定
  102 # ****************************************************************
  103 
  104 # 受信FAX、送信FAXの置場はデフォルトでいずれも/var/spool/fax ですが
  105 # mgetty+sendfax との互換性をとるために、また TkScanFaxとの連係のため、
  106 # 受信FAXを /var/spool/fax/incoming ディレクトリに
  107 # 送信時のスプーリングディレクトリを /var/spool/fax/outgoing としておきます。
  108 # ディレクトリのパーミッションは 777 としておきます。
  109 # /var/log/fax と /var/lock も同様
  110 ##FAXDIR=/var/spool/fax
  111 ##LOGDIR=/var/log/fax
  112 # モデムデバイスをデフォルトから変更したときのためにLOCKファイルを再定義
  113 LOCK='-x /var/lock/LCK..$DEV' 
  114 
  115 # 次の2つの指定は efax-spooling.patch が当たっていないと動きません。
  116 INCOMINGDIR=/var/spool/fax/incoming
  117 OUTGOINGDIR=/var/spool/fax/outgoing
  118 
  119 # 着信FAXをメールで受け取る場合の宛先
  120 # ここは変えずに /etc/aliases にrootのエイリアスをセットしてもよい
  121 ##FAXMGR=root
  122 
  123 # 着信したときのスクリプト
  124 # ログファイルがあれば変数 $f に、
  125 # FAXのファイル名(の列)は変数 $FILES に格納されています。
  126 # 先方のIDがあれば $REMID に格納されます。なければ'$REMIDには文字'?'が入ります。
  127 # faxmail を呼ぶことで受信ファックスは MIME image/tiff として添付されます。
  128 # コマンドはシングルクオート(')で前後を囲んでください。
  129 ##NOTIFY='faxmail | $SENDMAIL $FAXMGR' #標準では FAXMGRへメールが送られる。
  130 #NOTIFY='mail -s "fax/message from $REMID: $FILES" $FAXMGR <$f' # ログのみメール
  131 #NOTIFY='$FAX print $OPT $FILES' # 受信FAXを自動でプリント
  132 #NOTIFY='$FAX print $OPT $FILES; mail -s "fax/message from $REMID: $FILES" $FAXMGR <$f'
  133 # 受信FAXをプリントし、ログをメール
  134 #NOTIFY=''       # 何もしない場合
  135 
  136 # efaxが電話を取るまでのベルの回数
  137 #  'ANSRINGS=1' でしか動作しないモデムもあるので注意 
  138 ANSRINGS=1
  139 
  140 # デバッグのためにはエラー出力を/dev/consoleではなくファイルを指定します。
  141 ##CONSOLE=/dev/console
  142 # CONSOLE=$LOGDIR/efax_log
  143 
  144 # ****************************************************************
  145 # この他の設定は /usr/bin/fax のコメントを見てください。
  146 # ****************************************************************