管理コンソールの一般

管理サーバーは、WebAdminコンソール専用の特別なバーチャルホストです。 管理者のマシンからのアクセスのみを許可するか、暗号化されたSSL接続を使用して、管理サーバーを安全に保護することが重要です。

目次

一般

コアダンプを有効にする | セッションタイムアウト(秒)

バーチャルホストログ

サーバーのログを使用する | File Name | ログレベル | ローテーションサイズ(バイト)

アクセスログ

ログ制御 | ファイル名 | パイプロガー | Log Format | ログヘッダー | ローテーションサイズ(バイト) | 保持日数 | バイトログ | アーカイブを圧縮する

コアダンプを有効にする

説明

サーバーが「root」ユーザーによって開始されたときにコア・ダンプを使用可能にするかどうかを指定します。 最新のUnixシステムでは、セキュリティ上の理由から、ユーザーIDまたはグループIDを変更するプロセスはコアファイルをダンプできません。 ただし、コアダンプを持つ問題の根本原因を特定する方がはるかに簡単です。 このオプションは、Linuxカーネル2.4以上でのみ動作します。 Solarisユーザーは coreadm コマンドを使用してこの機能を制御する必要があります。

構文

ラジオボックスから選択

ヒント

[セキュリティ]サーバログファイルにコアファイルが作成されていないと表示されている場合にのみ有効にします。 コアファイルを生成した直後に無効にしてください。 コアダンプが作成されたときにバグレポートを提出してください。

セッションタイムアウト(秒)

説明

WebAdmin Consoleのセッションタイムアウトの長さをカスタマイズします。 デフォルトは60秒です。

構文

整数

ヒント

[セキュリティ]プロダクション使用に適切な値を設定します。通常は300秒未満です。

サーバーのログを使用する

説明

独自のログファイルを作成するのではなく、このバーチャルホストからのログメッセージをサーバーログファイルに入れるかどうかを指定します。

構文

ラジオボックスから選択

File Name

説明

ログファイルのパスを指定します。

構文

ファイル名への絶対パス又は$SERVER_ROOT、$VH_ROOTからの相対パス。

ヒント

[パフォーマンス]ログファイルを別のディスクに配置します。

ログレベル

説明

ロギングのレベルを指定します。 使用可能なレベルは、ERRORWARNINGNOTICEINFODEBUGです。 現在の設定以上のレベルのメッセージのみが記録されます。 DEBUGに設定する場合は、サーバログレベルをDEBUGに設定する必要があります。 デバッグのレベルは、デバッグレベルによってサーバーレベルでのみ制御されます。

構文

選択

ヒント

[パフォーマンス] デバッグレベルNONE以外のレベルに設定されていない限り、DEBUGログレベルはパフォーマンスに影響を及ぼさず、推奨されます。

参照

デバッグレベル

ローテーションサイズ(バイト)

説明

現在のログファイルをロールオーバーする必要があるとき、つまりログローテーションを指定します。 ファイルサイズがロールオーバー制限を超えると、アクティブなログファイルは同じディレクトリにlog_name.mm_dd_yyyy(.sequence)という名前に変更され、新しいアクティブなログファイルが作成されます。 回転ログファイルが実際に作成されると、そのサイズはこのサイズ制限より少し大きくなることがあります。 ログのローテーションを無効にするには、 0 に設定します。

構文

整数

ヒント

キロ、メガ、ギガバイトの数字に「K」、「M」、「G」を追加します。

ログ制御

説明

アクセスログを書き込むべき場所。 3つのオプションがあります:

  1. サーバのアクセスログに書き込む
  2. このバーチャルホストのアクセスログを作成する
  3. アクセスログを無効にする

構文

選択

ファイル名

説明

アクセスログファイル名。

構文

ファイル名への絶対パス又は$SERVER_ROOT、$VH_ROOTからの相対パス。

ヒント

[パフォーマンス]アクセスログファイルを別のディスクに配置します。

パイプロガー

説明

LiteSpeedがSTDINストリーム上のパイプを通じて送信するアクセスログデータを受け取る外部アプリケーションを指定します(ファイルハンドルは0)。 このフィールドが指定されると、アクセスログはロガーアプリケーションにのみ送信され、前のエントリで指定されたアクセスログファイルには送信されません。

ロガーアプリケーションは、最初に外部アプリケーションセクションで定義する必要があります。 サーバー・レベルのアクセス・ロギングは、サーバー・レベルで定義された外部ロガー・アプリケーションのみを使用できます。 バーチャルホストレベルのアクセスロギングでは、バーチャルホストレベルで定義されたロガーアプリケーションのみを使用できます。

ロガープロセスは、他の外部(CGI/FastCGI/LSAPI)プロセスと同じ方法で生成されます。 つまり、バーチャルホストの外部アプリ Set UID モード設定で指定されたユーザーIDとして実行され、特権ユーザーのために実行されることはありません。.

LiteSpeed Webサーバーは、複数のロガーアプリケーションのインスタンスが設定されている場合、複数のロガーアプリケーション間で簡単なロードバランシングを実行します。 LiteSpeedサーバーは、常にロガーアプリケーションの数を可能な限り低く抑えようとします。 1つのロガーアプリケーションがアクセスログエントリを時間内に処理できない場合にのみ、サーバーはロガーアプリケーションの別のインスタンスを生成しようとします。

ロガーがクラッシュした場合、Webサーバーは別のインスタンスを開始しますが、ストリームバッファーのログデータは失われます。 外部ロガーがログ・ストリームの速度と量に追いつけない場合、ログ・データを失う可能性があります。

構文

選択

Log Format

説明

アクセスログのログ形式を指定します。 ログフォーマットが設定されると、ログヘッダーの設定より優先されます。

構文

文字列。ログフォーマットの構文はApache 2.0のカスタムと互換性があります log format


共通ログフォーマット(CLF)
"%h %l %u %t \"%r\" %>s %b"

バーチャルホストによる共通ログフォーマット
"%v %h %l %u %t \"%r\" %>s %b"

NCSA拡張/結合ログフォーマット
"%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-agent}i\"

FoobarのログCookie値
"%{Foobar}C"

参照

ログヘッダー

ログヘッダー

説明

RefererUserAgentHostのいずれかをHTTPリクエストヘッダとして記録するかどうかを指定します。

構文

チェックボックス

ヒント

[パフォーマンス]これらのヘッダーがアクセスログに必要ない場合は、これをオフにします。

参照

Log Format

保持日数

説明

アクセスログファイルをディスクに保管する日数を指定します。 指定した日数より古いローテーションしたログファイルのみが削除されます。 現在のログファイルには、それに含まれるデータの日数にかかわらず、表示されません。 古いログファイルを自動削除しない場合は、 0 に設定します。

構文

整数

バイトログ

説明

帯域幅バイトのログファイルへのパスを指定します。 指定すると、cPanel互換の帯域幅ログが作成されます。 これにより、要求と応答本体の両方を含む要求に対して転送された合計バイトが記録されます。

構文

ファイル名への絶対パス又は$SERVER_ROOTからの相対パス

ヒント

[パフォーマンス]ログファイルを別のディスクに配置します。

アーカイブを圧縮する

説明

ディスク領域を節約するためにローテーションしたログファイルを圧縮するかどうかを指定します。

構文

ラジオボックスから選択

ヒント

ログファイルは圧縮率が高く、古いログのディスク使用量を減らすために推奨されます。