News - 1.3.x#

1.3.0リリース - 2012-01-29#

改良#

  • GRN_DB_KEY=patまたはGRN_DB_KEY=dat環境変数値による動的なDBのキー管理テーブルの変更をサポート。

  • デフォルトのDBのキー管理テーブルを指定する --with-default-db-key configureオプションを追加。

  • geo pointデータ型の値として""をサポート。この値は"0x0"として扱う。

  • キャスト時のエラーメッセージにカラム名も含めるようにした。

  • loadエラー時に標準入力のファイル情報を表示しないようにした。

  • write-strings関連の警告を有効にし、警告がでないようにした。 [montywiさんが提案]

  • MessagePack形式の出力機能をサポート対象の機能とした。 [#1215]

  • *_set_value() 関数の void *const を追加した。

  • CとC++でコンパイル時の警告フラグを有効にした。

  • 値なしの --with-libevent configureオプションをサポート。

  • grn_table_get() がgrn_dbに対応した。 [#1242]

  • [rpm] groonga-serverから必要のないgroonga-munin-pluginsへの依存関係を削除。 [#1251] [Masaharu IWAIさんが提案]

  • [rpm] groongaから必要のないgroonga-docへの依存関係を削除。 [#1251] [Masaharu IWAIさんが提案]

  • [dat] grn_dat_repair() によるデータ復旧対応。

  • grn_table_at() がgrn_dbに対応。

  • [suggest] 「安定している」仕様とした。

  • [suggest][complete] 前方一致検索で正規化した値を使って検索するようにした。

  • 実験的な機能としてオフラインインデックス作成機能を追加。いまのところデフォルトでは無効になっているが、USE_OFFLINE_INDEXER=yes環境変数を指定することで有効にできる。

  • mroonga用に内部API grn_obj_path_by_id() を追加した。

  • [suggest][httpd] 未知のパラメーターをgroongaに渡すようにした。

  • [output][xml] 読みやすいように </RESULT> の前に改行を追加。

  • [doc][output] 出力形式に関するドキュメントを追加。

  • table_rename コマンドを追加。 [#1234]

  • column_rename コマンドを追加。 [#1234]

感謝#

  • montywiさん

  • Masaharu IWAIさん