"Fossies" - the Fresh Open Source Software Archive

Member "groonga-12.0.4/doc/locale/en/LC_MESSAGES/news/1.0.x.po" (6 Jun 2022, 21157 Bytes) of package /linux/misc/groonga-12.0.4.tar.gz:


As a special service "Fossies" has tried to format the requested source page into HTML format using (guessed) PO translation source code syntax highlighting (style: standard) with prefixed line numbers. Alternatively you can here view or download the uninterpreted source code file.

    1 # -*- po -*-
    2 # English translations for Groonga package.
    3 # Copyright (C) 2009-2022 Groonga Project
    4 # This file is distributed under the same license as the Groonga package.
    5 # Automatically generated, 2022.
    6 #
    7 msgid ""
    8 msgstr ""
    9 "Project-Id-Version: Groonga 12.0.4\n"
   10 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
   11 "PO-Revision-Date: 2022-06-06 00:46+0000\n"
   12 "Last-Translator: Automatically generated\n"
   13 "Language-Team: none\n"
   14 "MIME-Version: 1.0\n"
   15 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
   16 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
   17 "Language: en\n"
   18 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
   19 
   20 msgid "バージョン1.0.xのお知らせ"
   21 msgstr "バージョン1.0.xのお知らせ"
   22 
   23 msgid "1.0.8リリース - 2011-02-02"
   24 msgstr "1.0.8リリース - 2011-02-02"
   25 
   26 msgid "修正"
   27 msgstr "修正"
   28 
   29 msgid ""
   30 "ShortText型カラムへデータ追加・削除を繰り返すとデータが壊れ ることがある問題"
   31 "を修正。 (Mitsuhiro Shibuyaさんが報告)"
   32 msgstr ""
   33 "ShortText型カラムへデータ追加・削除を繰り返すとデータが壊れ ることがある問題"
   34 "を修正。 (Mitsuhiro Shibuyaさんが報告)"
   35 
   36 msgid "感謝"
   37 msgstr "感謝"
   38 
   39 msgid "Mitsuhiro Shibuyaさん"
   40 msgstr "Mitsuhiro Shibuyaさん"
   41 
   42 msgid "1.0.7リリース - 2011-01-29"
   43 msgstr "1.0.7リリース - 2011-01-29"
   44 
   45 msgid "改良"
   46 msgstr "改良"
   47 
   48 msgid "automake 1.9.6でも動作するようにした。 #508"
   49 msgstr "automake 1.9.6でも動作するようにした。 #508"
   50 
   51 msgid "configureの最後に検出したMeCabの情報も表示するようにした。"
   52 msgstr "configureの最後に検出したMeCabの情報も表示するようにした。"
   53 
   54 msgid "エラーメッセージをわかりやすくした。"
   55 msgstr "エラーメッセージをわかりやすくした。"
   56 
   57 msgid ""
   58 "--enable-memory-debug付きでビルドしたときに終了時に未開放のメモリが 割り当て"
   59 "られた場所を表示するようにした。"
   60 msgstr ""
   61 "--enable-memory-debug付きでビルドしたときに終了時に未開放のメモリが 割り当て"
   62 "られた場所を表示するようにした。"
   63 
   64 msgid ""
   65 "ベクタの値を :doc:`/reference/commands/load` するときにキャストに失敗したら、"
   66 "そ のことを報告するようにした。"
   67 msgstr ""
   68 "ベクタの値を :doc:`/reference/commands/load` するときにキャストに失敗したら、"
   69 "そ のことを報告するようにした。"
   70 
   71 msgid ""
   72 "groongaのメモリリークを検出するユーティリティツール groonga-check-memory-"
   73 "leak.rbを追加。(インストールはされない。)"
   74 msgstr ""
   75 "groongaのメモリリークを検出するユーティリティツール groonga-check-memory-"
   76 "leak.rbを追加。(インストールはされない。)"
   77 
   78 msgid ":doc:`/reference/commands/dump` がテーブル単位のダンプに対応。"
   79 msgstr ":doc:`/reference/commands/dump` がテーブル単位のダンプに対応。"
   80 
   81 msgid ""
   82 "Mac OS Xでモジュールの拡張子の検出に失敗する問題を修正。 (ongaeshiさんが報"
   83 "告)"
   84 msgstr ""
   85 "Mac OS Xでモジュールの拡張子の検出に失敗する問題を修正。 (ongaeshiさんが報"
   86 "告)"
   87 
   88 msgid "Mac OS Xではrealloc(ptr, 0)ではなくfree()を使うように修正。"
   89 msgstr "Mac OS Xではrealloc(ptr, 0)ではなくfree()を使うように修正。"
   90 
   91 msgid "grntestで結果の比較が常に失敗していた問題を修正。"
   92 msgstr "grntestで結果の比較が常に失敗していた問題を修正。"
   93 
   94 msgid "groonga-suggest-learnerのメモリリークを修正。"
   95 msgstr "groonga-suggest-learnerのメモリリークを修正。"
   96 
   97 msgid ""
   98 ":doc:`/reference/commands/load` 時のメモリリークを修正。 (Kenichi Aramakiさ"
   99 "んが報告)"
  100 msgstr ""
  101 ":doc:`/reference/commands/load` 時のメモリリークを修正。 (Kenichi Aramakiさ"
  102 "んが報告)"
  103 
  104 msgid "ベクタの値を出力するときのメモリリークを修正。"
  105 msgstr "ベクタの値を出力するときのメモリリークを修正。"
  106 
  107 msgid "ongaeshiさん"
  108 msgstr "ongaeshiさん"
  109 
  110 msgid "Kenichi Aramakiさん"
  111 msgstr "Kenichi Aramakiさん"
  112 
  113 msgid "1.0.6リリース - 2010-12-31"
  114 msgstr "1.0.6リリース - 2010-12-31"
  115 
  116 msgid "\\*BSDでビルドできない問題を修正。(OBATA Akioさんが報告)"
  117 msgstr "\\*BSDでビルドできない問題を修正。(OBATA Akioさんが報告)"
  118 
  119 msgid "OBATA Akioさん"
  120 msgstr "OBATA Akioさん"
  121 
  122 msgid "1.0.5リリース - 2010-12-29"
  123 msgstr "1.0.5リリース - 2010-12-29"
  124 
  125 msgid "サジェスト機能用の学習プログラムを追加。"
  126 msgstr "サジェスト機能用の学習プログラムを追加。"
  127 
  128 msgid "groongaスクリプト内での行コメントに対応。(「#」以降を無視) #723"
  129 msgstr "groongaスクリプト内での行コメントに対応。(「#」以降を無視) #723"
  130 
  131 msgid ":doc:`/reference/commands/column_list` のXML出力対応。 #748"
  132 msgstr ":doc:`/reference/commands/column_list` のXML出力対応。 #748"
  133 
  134 msgid "主キーが数値のテーブルを参照しているカラムでの比較演算に対応。 #776"
  135 msgstr "主キーが数値のテーブルを参照しているカラムでの比較演算に対応。 #776"
  136 
  137 msgid "grntestがmlockの情報出力に対応。"
  138 msgstr "grntestがmlockの情報出力に対応。"
  139 
  140 msgid "NetBSDでのビルドに対応。 (OBATA Akioさんがパッチ作成)"
  141 msgstr "NetBSDでのビルドに対応。 (OBATA Akioさんがパッチ作成)"
  142 
  143 msgid ""
  144 "MeCabトークナイザーが見つからない時のエラーメッセージをより親切にした。 #790"
  145 msgstr ""
  146 "MeCabトークナイザーが見つからない時のエラーメッセージをより親切にした。 #790"
  147 
  148 msgid ""
  149 "開いているファイルディスクリプタが多すぎてacceptできない状態の負荷を低減。 "
  150 "#802"
  151 msgstr ""
  152 "開いているファイルディスクリプタが多すぎてacceptできない状態の負荷を低減。 "
  153 "#802"
  154 
  155 msgid "DragonFlyでのビルドに対応。 (OBATA Akioさんが報告)"
  156 msgstr "DragonFlyでのビルドに対応。 (OBATA Akioさんが報告)"
  157 
  158 msgid "変更"
  159 msgstr "変更"
  160 
  161 msgid ""
  162 ":doc:`/reference/commands/table_list` のXML出力のタグ名をより適切な名前に変"
  163 "更。 #757"
  164 msgstr ""
  165 ":doc:`/reference/commands/table_list` のXML出力のタグ名をより適切な名前に変"
  166 "更。 #757"
  167 
  168 msgid ""
  169 ":doc:`/reference/commands/load` で存在しないカラムを--columnsで指定するとク"
  170 "ラッシュする問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんが報告) #751"
  171 msgstr ""
  172 ":doc:`/reference/commands/load` で存在しないカラムを--columnsで指定するとク"
  173 "ラッシュする問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんが報告) #751"
  174 
  175 msgid ""
  176 ":doc:`/reference/commands/load` で配列でTABLE_NO_KEYなテーブルにレコードを"
  177 "ロードできない問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんが報告) #750"
  178 msgstr ""
  179 ":doc:`/reference/commands/load` で配列でTABLE_NO_KEYなテーブルにレコードを"
  180 "ロードできない問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんが報告) #750"
  181 
  182 msgid ""
  183 ":doc:`/reference/commands/delete` でTABLE_NO_KEYなテーブルのレコードを削除す"
  184 "るとテーブルが壊れる 問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんがパッチ作成) #794"
  185 msgstr ""
  186 ":doc:`/reference/commands/delete` でTABLE_NO_KEYなテーブルのレコードを削除す"
  187 "るとテーブルが壊れる 問題を修正。 (Masahiro Tomitaさんがパッチ作成) #794"
  188 
  189 msgid ""
  190 ":doc:`/reference/commands/load` で不正なJSONを指定した場合にそれ以降コマンド"
  191 "を受け付けなくなる 問題を修正。 #807"
  192 msgstr ""
  193 ":doc:`/reference/commands/load` で不正なJSONを指定した場合にそれ以降コマンド"
  194 "を受け付けなくなる 問題を修正。 #807"
  195 
  196 msgid "Tomita Masahiroさん"
  197 msgstr "Tomita Masahiroさん"
  198 
  199 msgid "1.0.4リリース - 2010-11-29"
  200 msgstr "1.0.4リリース - 2010-11-29"
  201 
  202 msgid "すべてのモジュールで同じ名前の関数をエクスポートするようにした。#624"
  203 msgstr "すべてのモジュールで同じ名前の関数をエクスポートするようにした。#624"
  204 
  205 msgid "不正な名前を指定したときに指定された名前も報告するようにした。"
  206 msgstr "不正な名前を指定したときに指定された名前も報告するようにした。"
  207 
  208 msgid ""
  209 ":doc:`/reference/commands/select` の--filter内での数値比較演算をサポート。 "
  210 "(@s3kiさんが報告)"
  211 msgstr ""
  212 ":doc:`/reference/commands/select` の--filter内での数値比較演算をサポート。 "
  213 "(@s3kiさんが報告)"
  214 
  215 msgid "``grntest`` の一行あたりの最大バイト数の制限を撤廃。 #608, #690"
  216 msgstr "``grntest`` の一行あたりの最大バイト数の制限を撤廃。 #608, #690"
  217 
  218 msgid "Int8/UInt8/Int16/UInt16の等値比較にC言語の比較演算子を使用。 #660"
  219 msgstr "Int8/UInt8/Int16/UInt16の等値比較にC言語の比較演算子を使用。 #660"
  220 
  221 msgid ""
  222 "HTTP経由で存在しないパスにアクセスした時に存在しないパスを報告するように し"
  223 "た。"
  224 msgstr ""
  225 "HTTP経由で存在しないパスにアクセスした時に存在しないパスを報告するように し"
  226 "た。"
  227 
  228 msgid "grn_table_cursor_next()をGRN_CURSOR_COLUMN_INDEX対応にした。"
  229 msgstr "grn_table_cursor_next()をGRN_CURSOR_COLUMN_INDEX対応にした。"
  230 
  231 msgid "右辺が式の演算代入演算子をサポート。 #669"
  232 msgstr "右辺が式の演算代入演算子をサポート。 #669"
  233 
  234 msgid "zlib/LZOサポート付きでビルドされているかをチェックするAPIを追加。 #686"
  235 msgstr "zlib/LZOサポート付きでビルドされているかをチェックするAPIを追加。 #686"
  236 
  237 msgid "grn_table_at()を公開。"
  238 msgstr "grn_table_at()を公開。"
  239 
  240 msgid "grn_db_touch()を公開。 #703"
  241 msgstr "grn_db_touch()を公開。 #703"
  242 
  243 msgid "コメント行に対応。 #723"
  244 msgstr "コメント行に対応。 #723"
  245 
  246 msgid "grn_bool型を追加。 #713"
  247 msgstr "grn_bool型を追加。 #713"
  248 
  249 msgid ""
  250 "プラグインの置き場所を変更: lib/groonga/modules/ -> lib/groonga/plugins/ #624"
  251 msgstr ""
  252 "プラグインの置き場所を変更: lib/groonga/modules/ -> lib/groonga/plugins/ #624"
  253 
  254 msgid "ドキュメントの誤字を修正。(OBATA Akioさんが報告)"
  255 msgstr "ドキュメントの誤字を修正。(OBATA Akioさんが報告)"
  256 
  257 msgid "GRN_CURSOR_PREFIXが動作しない問題を修正。"
  258 msgstr "GRN_CURSOR_PREFIXが動作しない問題を修正。"
  259 
  260 msgid "索引が不正に大きくなる問題を修正。(Tomoatsu Shimadaさんが報告) #689"
  261 msgstr "索引が不正に大きくなる問題を修正。(Tomoatsu Shimadaさんが報告) #689"
  262 
  263 msgid "@s3kiさん"
  264 msgstr "@s3kiさん"
  265 
  266 msgid "Tomoatsu Shimadaさん"
  267 msgstr "Tomoatsu Shimadaさん"
  268 
  269 msgid "1.0.3リリース - 2010-10-29"
  270 msgstr "1.0.3リリース - 2010-10-29"
  271 
  272 msgid ""
  273 "CentOS/Fedora用パッケージをディストリビューションのルールに従うように改良。 "
  274 "(上野乃毅さん)"
  275 msgstr ""
  276 "CentOS/Fedora用パッケージをディストリビューションのルールに従うように改良。 "
  277 "(上野乃毅さん)"
  278 
  279 msgid "Fedoraのオフィシャルリポジトリに登録。(Daiki Uenoさん)"
  280 msgstr "Fedoraのオフィシャルリポジトリに登録。(Daiki Uenoさん)"
  281 
  282 msgid "GeoPointのキャストに対応。#515"
  283 msgstr "GeoPointのキャストに対応。#515"
  284 
  285 msgid "groongaコマンドに、--defalt-command-versionオプションの追加。"
  286 msgstr "groongaコマンドに、--defalt-command-versionオプションの追加。"
  287 
  288 msgid "statusの出力結果にコマンドバージョンを追加。"
  289 msgstr "statusの出力結果にコマンドバージョンを追加。"
  290 
  291 msgid ":doc:`/spec/search` の仕様を追加。"
  292 msgstr ":doc:`/spec/search` の仕様を追加。"
  293 
  294 msgid ":doc:`/troubleshooting` を追加。"
  295 msgstr ":doc:`/troubleshooting` を追加。"
  296 
  297 msgid "辞書検索のサンプルアプリケーションを追加。"
  298 msgstr "辞書検索のサンプルアプリケーションを追加。"
  299 
  300 msgid "pkg-configがない場合はlibeditを検出しないようにした。 #540"
  301 msgstr "pkg-configがない場合はlibeditを検出しないようにした。 #540"
  302 
  303 msgid "メモリデバッグ用オプション--enable-memory-debugを追加。"
  304 msgstr "メモリデバッグ用オプション--enable-memory-debugを追加。"
  305 
  306 msgid "不正な関数呼び出しをチェックするようにした。#596"
  307 msgstr "不正な関数呼び出しをチェックするようにした。#596"
  308 
  309 msgid ""
  310 "テキストから数値へのキャスト処理を強化。#612, #613 (Itagaki Takahiroさんが報"
  311 "告)"
  312 msgstr ""
  313 "テキストから数値へのキャスト処理を強化。#612, #613 (Itagaki Takahiroさんが報"
  314 "告)"
  315 
  316 msgid "クライアントモードでの--fileオプションのサポート。#578"
  317 msgstr "クライアントモードでの--fileオプションのサポート。#578"
  318 
  319 msgid ""
  320 ":doc:`/spec/search` の挙動を動的に変更する ``--match-escalation-threshold`` "
  321 "起動オプションと ``--match_escalation_threshold`` selectオプションを追加。 "
  322 "#628"
  323 msgstr ""
  324 ":doc:`/spec/search` の挙動を動的に変更する ``--match-escalation-threshold`` "
  325 "起動オプションと ``--match_escalation_threshold`` selectオプションを追加。 "
  326 "#628"
  327 
  328 msgid "記号でトークンを区切るTokenBigramSplitSymbolを使用。 #225"
  329 msgstr "記号でトークンを区切るTokenBigramSplitSymbolを使用。 #225"
  330 
  331 msgid "時間の解像度をナノ秒に変更。"
  332 msgstr "時間の解像度をナノ秒に変更。"
  333 
  334 msgid ""
  335 "パッケージを提供するUbuntuのバージョンをHardy, Lucidから Lucid, Marverickに変"
  336 "更。"
  337 msgstr ""
  338 "パッケージを提供するUbuntuのバージョンをHardy, Lucidから Lucid, Marverickに変"
  339 "更。"
  340 
  341 msgid "grn_table_cursor_open()のドキュメントを修正。"
  342 msgstr "grn_table_cursor_open()のドキュメントを修正。"
  343 
  344 msgid "メモリリークを修正。"
  345 msgstr "メモリリークを修正。"
  346 
  347 msgid ""
  348 "--disable-libeditオプションがヘルプメッセージと違う問題の修正。 (MATSUU "
  349 "Takutoさんが報告)"
  350 msgstr ""
  351 "--disable-libeditオプションがヘルプメッセージと違う問題の修正。 (MATSUU "
  352 "Takutoさんが報告)"
  353 
  354 msgid "警告を除去。(MATSUU Takutoさんが報告)"
  355 msgstr "警告を除去。(MATSUU Takutoさんが報告)"
  356 
  357 msgid ""
  358 "grn_pat_at()でエンコードされたキーが常にGRN_NILになってしまう問題を修正。#514"
  359 msgstr ""
  360 "grn_pat_at()でエンコードされたキーが常にGRN_NILになってしまう問題を修正。#514"
  361 
  362 msgid ""
  363 "固定長カラムにカラム長より短いデータを設定するとゴミが残ってしまう問題を修"
  364 "正。"
  365 msgstr ""
  366 "固定長カラムにカラム長より短いデータを設定するとゴミが残ってしまう問題を修"
  367 "正。"
  368 
  369 msgid "不正なレコードがあるときにdumpすると落ちてしまう問題を修正。"
  370 msgstr "不正なレコードがあるときにdumpすると落ちてしまう問題を修正。"
  371 
  372 msgid "geo_in_rectangle()が無限ループする問題を修正。#563"
  373 msgstr "geo_in_rectangle()が無限ループする問題を修正。#563"
  374 
  375 msgid ""
  376 "インデックスがついたカラムでソートすると結果がおかしくなる問題を修正。#571"
  377 msgstr ""
  378 "インデックスがついたカラムでソートすると結果がおかしくなる問題を修正。#571"
  379 
  380 msgid "deleteが常に失敗する問題を修正。#541"
  381 msgstr "deleteが常に失敗する問題を修正。#541"
  382 
  383 msgid ""
  384 "レコードを追加・削除したパトリシアトライからID順に取り出すカーソルが おかしな"
  385 "結果を返す問題を修正。#538"
  386 msgstr ""
  387 "レコードを追加・削除したパトリシアトライからID順に取り出すカーソルが おかしな"
  388 "結果を返す問題を修正。#538"
  389 
  390 msgid "値が存在しないレコードがあるカラムでソートすると落ちる問題を修正。"
  391 msgstr "値が存在しないレコードがあるカラムでソートすると落ちる問題を修正。"
  392 
  393 msgid "モジュールの初期化関数が複数回呼ばれる問題を修正。#567"
  394 msgstr "モジュールの初期化関数が複数回呼ばれる問題を修正。#567"
  395 
  396 msgid "shutdownで終了しない問題を修正。#114"
  397 msgstr "shutdownで終了しない問題を修正。#114"
  398 
  399 msgid "全文検索時に削除したレコードが返る問題を修正。#617"
  400 msgstr "全文検索時に削除したレコードが返る問題を修正。#617"
  401 
  402 msgid "必要な時以外にMeCabの辞書チェックをしてしまう問題を修正。#555"
  403 msgstr "必要な時以外にMeCabの辞書チェックをしてしまう問題を修正。#555"
  404 
  405 msgid "存在しないパトリシアトライのレコードを参照すると落ちる問題を修正。#630"
  406 msgstr "存在しないパトリシアトライのレコードを参照すると落ちる問題を修正。#630"
  407 
  408 msgid "インストールドキュメントの誤字を修正。(SHIMODA Hiroshiさんが報告)"
  409 msgstr "インストールドキュメントの誤字を修正。(SHIMODA Hiroshiさんが報告)"
  410 
  411 msgid "Daiki Uenoさん"
  412 msgstr "Daiki Uenoさん"
  413 
  414 msgid "MATSUU Takutoさん"
  415 msgstr "MATSUU Takutoさん"
  416 
  417 msgid "Itagaki Takahiroさん"
  418 msgstr "Itagaki Takahiroさん"
  419 
  420 msgid "SHIMODA Hiroshiさん"
  421 msgstr "SHIMODA Hiroshiさん"
  422 
  423 msgid "1.0.2リリース - 2010-09-09"
  424 msgstr "1.0.2リリース - 2010-09-09"
  425 
  426 msgid ""
  427 ":doc:`/reference/commands/suggest` コマンドのサンプルを追加。(examples/"
  428 "dictionary/)"
  429 msgstr ""
  430 ":doc:`/reference/commands/suggest` コマンドのサンプルを追加。(examples/"
  431 "dictionary/)"
  432 
  433 msgid ""
  434 "HTTPで公開するディレクトリを指定する--admin-html-pathを--document-rootに変"
  435 "更。"
  436 msgstr ""
  437 "HTTPで公開するディレクトリを指定する--admin-html-pathを--document-rootに変"
  438 "更。"
  439 
  440 msgid ""
  441 ":doc:`/reference/commands/select` コマンドのデフォルトの--output_columnsから"
  442 "_valueを削除。"
  443 msgstr ""
  444 ":doc:`/reference/commands/select` コマンドのデフォルトの--output_columnsから"
  445 "_valueを削除。"
  446 
  447 msgid "パッケージミスを修正。 (OBATA Akioさんが報告)"
  448 msgstr "パッケージミスを修正。 (OBATA Akioさんが報告)"
  449 
  450 msgid "GeoPointの度表記の解釈を修正。 #460"
  451 msgstr "GeoPointの度表記の解釈を修正。 #460"
  452 
  453 msgid "1.0.1リリース - 2010-09-06"
  454 msgstr "1.0.1リリース - 2010-09-06"
  455 
  456 msgid "CentOS 5/Fedora 13用RPMの提供。(Daiki Uenoさん作成のspecがベース)"
  457 msgstr "CentOS 5/Fedora 13用RPMの提供。(Daiki Uenoさん作成のspecがベース)"
  458 
  459 msgid "ログパスのデフォルト値に--localstatedirを使用。(OBATA Akioさんが提案)"
  460 msgstr ""
  461 "ログパスのデフォルト値に--localstatedirを使用。(OBATA Akioさんが提案)"
  462 
  463 msgid "BOM付きUTF-8に対応。"
  464 msgstr "BOM付きUTF-8に対応。"
  465 
  466 msgid "JSON JQueryプラグインが同梱されていない問題の修正。"
  467 msgstr "JSON JQueryプラグインが同梱されていない問題の修正。"
  468 
  469 msgid "テストが失敗する問題の修正。(OBATA Akioさんが報告)"
  470 msgstr "テストが失敗する問題の修正。(OBATA Akioさんが報告)"
  471 
  472 msgid "1.0.0リリース - 2010-08-29"
  473 msgstr "1.0.0リリース - 2010-08-29"
  474 
  475 msgid ""
  476 "指定したクエリに対する補完・修正・提案を行う :doc:`/reference/commands/"
  477 "suggest` コマンドを追加。"
  478 msgstr ""
  479 "指定したクエリに対する補完・修正・提案を行う :doc:`/reference/commands/"
  480 "suggest` コマンドを追加。"
  481 
  482 msgid ""
  483 ":doc:`/reference/commands/delete` コマンドが失敗したらfalseを返すように変更。"
  484 "(Itagaki Takahiroさんが提案)"
  485 msgstr ""
  486 ":doc:`/reference/commands/delete` コマンドが失敗したらfalseを返すように変更。"
  487 "(Itagaki Takahiroさんが提案)"
  488 
  489 msgid "関数もコマンドとして呼び出してしまう問題を修正。#431"
  490 msgstr "関数もコマンドとして呼び出してしまう問題を修正。#431"
  491 
  492 msgid "索引付きカラムを等価条件で検索できない問題を修正。"
  493 msgstr "索引付きカラムを等価条件で検索できない問題を修正。"
  494 
  495 msgid ""
  496 ":doc:`/reference/commands/delete` コマンドでキーがShortText以外のレコードを削"
  497 "除できない問題の修正。(Itagaki Takahiroさんが報告)"
  498 msgstr ""
  499 ":doc:`/reference/commands/delete` コマンドでキーがShortText以外のレコードを削"
  500 "除できない問題の修正。(Itagaki Takahiroさんが報告)"