"Fossies" - the Fresh Open Source Software Archive

Member "groonga-12.0.4/doc/locale/en/LC_MESSAGES/news/0.x.po" (6 Jun 2022, 8498 Bytes) of package /linux/misc/groonga-12.0.4.tar.gz:


As a special service "Fossies" has tried to format the requested source page into HTML format using (guessed) PO translation source code syntax highlighting (style: standard) with prefixed line numbers. Alternatively you can here view or download the uninterpreted source code file.

    1 # -*- po -*-
    2 # English translations for Groonga package.
    3 # Copyright (C) 2009-2022 Groonga Project
    4 # This file is distributed under the same license as the Groonga package.
    5 # Automatically generated, 2022.
    6 #
    7 msgid ""
    8 msgstr ""
    9 "Project-Id-Version: Groonga 12.0.4\n"
   10 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
   11 "PO-Revision-Date: 2022-06-06 00:46+0000\n"
   12 "Last-Translator: Automatically generated\n"
   13 "Language-Team: none\n"
   14 "MIME-Version: 1.0\n"
   15 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
   16 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
   17 "Language: en\n"
   18 "Plural-Forms: nplurals=2; plural=(n != 1);\n"
   19 
   20 msgid "バージョン0.xのお知らせ"
   21 msgstr "バージョン0.xのお知らせ"
   22 
   23 msgid "0.7.7リリース - 2010-08-25"
   24 msgstr "0.7.7リリース - 2010-08-25"
   25 
   26 msgid "改良"
   27 msgstr "改良"
   28 
   29 msgid ""
   30 "編集距離(レーベンシュタイン距離)を計算する :doc:`/reference/functions/"
   31 "edit_distance` ()関数の追加。"
   32 msgstr ""
   33 "編集距離(レーベンシュタイン距離)を計算する :doc:`/reference/functions/"
   34 "edit_distance` ()関数の追加。"
   35 
   36 msgid "manを追加。"
   37 msgstr "manを追加。"
   38 
   39 msgid ""
   40 ":doc:`/reference/commands/delete` コマンドでデータの整合性が壊れる場合はエ"
   41 "ラー を返すようにした。"
   42 msgstr ""
   43 ":doc:`/reference/commands/delete` コマンドでデータの整合性が壊れる場合はエ"
   44 "ラー を返すようにした。"
   45 
   46 msgid "MeCabの辞書のエンコーディング検出処理を改善。"
   47 msgstr "MeCabの辞書のエンコーディング検出処理を改善。"
   48 
   49 msgid "デフォルトの設定ファイルを追加。"
   50 msgstr "デフォルトの設定ファイルを追加。"
   51 
   52 msgid "修正"
   53 msgstr "修正"
   54 
   55 msgid ""
   56 ":doc:`/reference/functions/geo_in_rectangle` ()関数が引数を「左上」と「右下」"
   57 "で はなく、「左下」と「右上」と扱っていた問題を修正。"
   58 msgstr ""
   59 ":doc:`/reference/functions/geo_in_rectangle` ()関数が引数を「左上」と「右下」"
   60 "で はなく、「左下」と「右上」と扱っていた問題を修正。"
   61 
   62 msgid "前方一致検索がマッチしない問題を修正。"
   63 msgstr "前方一致検索がマッチしない問題を修正。"
   64 
   65 msgid "0.7.6リリース - 2010-08-19"
   66 msgstr "0.7.6リリース - 2010-08-19"
   67 
   68 msgid "デーモンになるときは標準出力を閉じるようにした。"
   69 msgstr "デーモンになるときは標準出力を閉じるようにした。"
   70 
   71 msgid "PIDファイルを指定する ``--pid-path`` オプションを追加。"
   72 msgstr "PIDファイルを指定する ``--pid-path`` オプションを追加。"
   73 
   74 msgid "設定ファイルを指定する ``--config-path`` オプションを追加。"
   75 msgstr "設定ファイルを指定する ``--config-path`` オプションを追加。"
   76 
   77 msgid "最大キャッシュ数を指定する ``--cache-limit`` オプションを追加。"
   78 msgstr "最大キャッシュ数を指定する ``--cache-limit`` オプションを追加。"
   79 
   80 msgid "設定値を表示する ``--show-config`` オプションを追加。"
   81 msgstr "設定値を表示する ``--show-config`` オプションを追加。"
   82 
   83 msgid "指定したファイルからコマンドを読み込む ``--file`` オプションを追加。"
   84 msgstr "指定したファイルからコマンドを読み込む ``--file`` オプションを追加。"
   85 
   86 msgid ""
   87 "groongaとMeCabの辞書のエンコーディングが同じかどうかを確 認するようにした。"
   88 msgstr ""
   89 "groongaとMeCabの辞書のエンコーディングが同じかどうかを確 認するようにした。"
   90 
   91 msgid "Web管理画面:"
   92 msgstr "Web管理画面:"
   93 
   94 msgid "データロード機能を追加。"
   95 msgstr "データロード機能を追加。"
   96 
   97 msgid "uptimeの表示形式を読みやすい形式に変更。"
   98 msgstr "uptimeの表示形式を読みやすい形式に変更。"
   99 
  100 msgid "Muninプラグインの追加。"
  101 msgstr "Muninプラグインの追加。"
  102 
  103 msgid "クエリパフォーマンス計測用"
  104 msgstr "クエリパフォーマンス計測用"
  105 
  106 msgid "ディスク使用量計測用"
  107 msgstr "ディスク使用量計測用"
  108 
  109 msgid "libedit対応。"
  110 msgstr "libedit対応。"
  111 
  112 msgid "存在しないデータベースを指定したときのエラーメッセージを改善。"
  113 msgstr "存在しないデータベースを指定したときのエラーメッセージを改善。"
  114 
  115 msgid "loadコマンド:"
  116 msgstr "loadコマンド:"
  117 
  118 msgid "不正な文字を見つけた場合はログに出力。"
  119 msgstr "不正な文字を見つけた場合はログに出力。"
  120 
  121 msgid "必要な項目がない場合はログに出力。"
  122 msgstr "必要な項目がない場合はログに出力。"
  123 
  124 msgid "true/false/nullリテラルをサポート。"
  125 msgstr "true/false/nullリテラルをサポート。"
  126 
  127 msgid ""
  128 "GeoPointの度での指定をサポート。 (例: "
  129 "\"35.6954581363924,139.564207350021\")"
  130 msgstr ""
  131 "GeoPointの度での指定をサポート。 (例: "
  132 "\"35.6954581363924,139.564207350021\")"
  133 
  134 msgid "NO_KEYテーブルを参照しているカラム値をサポート。"
  135 msgstr "NO_KEYテーブルを参照しているカラム値をサポート。"
  136 
  137 msgid "数値のベクタをサポート。"
  138 msgstr "数値のベクタをサポート。"
  139 
  140 msgid "selectコマンド"
  141 msgstr "selectコマンド"
  142 
  143 msgid "索引を用いた高速なGeoPointの検索機能を追加。"
  144 msgstr "索引を用いた高速なGeoPointの検索機能を追加。"
  145 
  146 msgid ""
  147 "索引を用いた高速なGeoPointのソート機能を追加。 (ただし複数のソートキーと一緒"
  148 "に使うことはできない。)"
  149 msgstr ""
  150 "索引を用いた高速なGeoPointのソート機能を追加。 (ただし複数のソートキーと一緒"
  151 "に使うことはできない。)"
  152 
  153 msgid "ベクタのGeoPointの出力に対応。"
  154 msgstr "ベクタのGeoPointの出力に対応。"
  155 
  156 msgid "不正な入力値に対してエラーを出力するようにした。"
  157 msgstr "不正な入力値に対してエラーを出力するようにした。"
  158 
  159 msgid "dumpコマンド:"
  160 msgstr "dumpコマンド:"
  161 
  162 msgid "フラグを数値ではなくキーワードで出力するように変更。"
  163 msgstr "フラグを数値ではなくキーワードで出力するように変更。"
  164 
  165 msgid "column_listコマンド:"
  166 msgstr "column_listコマンド:"
  167 
  168 msgid "_keyカラムの出力に対応。"
  169 msgstr "_keyカラムの出力に対応。"
  170 
  171 msgid "deleteコマンド:"
  172 msgstr "deleteコマンド:"
  173 
  174 msgid "データに不整合が発生する場合はデータを削除しないように変更。"
  175 msgstr "データに不整合が発生する場合はデータを削除しないように変更。"
  176 
  177 msgid "statusコマンド:"
  178 msgstr "statusコマンド:"
  179 
  180 msgid "キャッシュ情報を追加。"
  181 msgstr "キャッシュ情報を追加。"
  182 
  183 msgid "データの整合性を確認するcheckコマンドの追加。"
  184 msgstr "データの整合性を確認するcheckコマンドの追加。"
  185 
  186 msgid "強制的にロックを解除するclearlockコマンドの追加。"
  187 msgstr "強制的にロックを解除するclearlockコマンドの追加。"
  188 
  189 msgid "最大キャッシュ数を指定するcache_limitコマンドの追加。"
  190 msgstr "最大キャッシュ数を指定するcache_limitコマンドの追加。"
  191 
  192 msgid "フラグメンテーションを解消するdefragコマンドの追加。"
  193 msgstr "フラグメンテーションを解消するdefragコマンドの追加。"
  194 
  195 msgid "データ投入後のインデックスカラム作成に対応。"
  196 msgstr "データ投入後のインデックスカラム作成に対応。"
  197 
  198 msgid "不正なsortキーを指定された場合はSEGVする問題の修正。"
  199 msgstr "不正なsortキーを指定された場合はSEGVする問題の修正。"
  200 
  201 msgid "selectの出力に不正なカラムを指定された時にSEGVする問題を修正。"
  202 msgstr "selectの出力に不正なカラムを指定された時にSEGVする問題を修正。"
  203 
  204 msgid "空のベクタをloadするとSEGVする問題の修正。"
  205 msgstr "空のベクタをloadするとSEGVする問題の修正。"
  206 
  207 msgid "メモリリークの修正。"
  208 msgstr "メモリリークの修正。"
  209 
  210 msgid "drilldown時に参照先が存在しない場合にSEGVする問題の修正。"
  211 msgstr "drilldown時に参照先が存在しない場合にSEGVする問題の修正。"
  212 
  213 msgid "感謝"
  214 msgstr "感謝"
  215 
  216 msgid "おばたさん"
  217 msgstr "おばたさん"