"Fossies" - the Fresh Open Source Software Archive

Member "gnupg-2.2.17/doc/help.ja.txt" (28 Aug 2017, 13621 Bytes) of package /linux/misc/gnupg-2.2.17.tar.bz2:


As a special service "Fossies" has tried to format the requested text file into HTML format (style: standard) with prefixed line numbers. Alternatively you can here view or download the uninterpreted source code file.

    1 # help.ja.txt - Japanese GnuPG online help
    2 # Copyright (C) 2007 Free Software Foundation, Inc.
    3 #
    4 # This file is part of GnuPG.
    5 #
    6 # GnuPG is free software; you can redistribute it and/or modify
    7 # it under the terms of the GNU General Public License as published by
    8 # the Free Software Foundation; either version 3 of the License, or
    9 # (at your option) any later version.
   10 # 
   11 # GnuPG is distributed in the hope that it will be useful,
   12 # but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
   13 # MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the
   14 # GNU General Public License for more details.
   15 # 
   16 # You should have received a copy of the GNU General Public License
   17 # along with this program; if not, see <https://www.gnu.org/licenses/>.
   18 
   19 .#pinentry.qualitybar.tooltip
   20 # [ このエントリは有効にするには、上記のキーの # を削除してください。]
   21 # これは例です。
   22 このバーは、入力されたパスフレーズの品質を示しています。
   23 
   24 バーが赤い色となっている場合、GnuPGはパスフレーズが弱すぎると判断し、受
   25 け付けません。管理者にパスフレーズの制限の設定について詳細を問い合わせ
   26 てください。
   27 .
   28 
   29 .gnupg.agent-problem
   30 # There was a problem accessing or starting the agent.
   31 動作中のGpg-Agentへの接続ができなかったか、通信の問題が発生しました。
   32 
   33 システムは、Gpg-Agentと呼ばれるバックグラウンド・プロセスを利用し、秘密
   34 鍵とパスフレーズの問い合わせを処理します。このエージェントは通常、ユー
   35 ザがログインするときに開始され、ログインしている間、動いています。もし、
   36 エージェントが利用可能でない場合、システムは、その場でエージェントの起
   37 動を試しますが、この場合、機能がやや制限され、若干の問題がある場合があ
   38 ります。
   39 
   40 もしかしたら、管理者に問い合わせて、この問題をどのように解決したら良い
   41 か聞いた方が良いかもしれません。とりあえずの方策としては、一度ログアウ
   42 トしてもう一度ログインし、改善が見られるか試してみることがあります。も
   43 し、これがうまくいくようであれば管理者に報告してください。それはおそら
   44 く、ソフトウェアのバグであることを示していますので。
   45 .
   46 
   47 
   48 .gnupg.dirmngr-problem
   49 # There was a problen accessing the dirmngr.
   50 動作中のDirmngrへの接続ができなかったか、通信の問題が発生しました。
   51 
   52 証明書失効リスト(CRL)を検索し、OCSPの懸賞とLDAPサーバを通じて鍵を検索す
   53 るため、システムは、Dirmngrと呼ばれる外部サービス・プログラムを利用しま
   54 す。Dirmngrは通常、システムサービス(daemon)として実効されます、一般ユー
   55 ザは気にする必要はありません。問題がある場合、システムは、要求に応じて、
   56 Dirmngrを起動することがありますが、これは対応策であり、性能に制限が生じ
   57 ます。
   58 
   59 この問題がある場合、システム管理者に連絡し、どのように進めたら良いか問
   60 い合わせてください。とりあえずの解決策としては、gpgsmの設定でCRLの検証
   61 を停止させることが考えられます。
   62 .
   63 
   64 
   65 .gpg.edit_ownertrust.value
   66 ここでの値の指定は、あなたに任されています。この値は、第三者に開示され
   67 ることは決してありません。ウェブ・オブ・トラストを実装するためにこの値
   68 が必要となりますが、(暗黙的に作られる)証明書の網には何も関係しません。
   69 .
   70 
   71 .gpg.edit_ownertrust.set_ultimate.okay
   72 ウェブ・オブ・トラストを構築するためにGnuPGは、どの鍵が究極的に信頼でき
   73 るかを知る必要があります。その鍵は通常は、あなたが秘密鍵へアクセスでき
   74 るものです。この鍵が究極的に信頼できる場合、"yes" と答えてください。
   75 .
   76 
   77 
   78 .gpg.untrusted_key.override
   79 この信頼されてない鍵をどちらにせよ使いたい場合、"yes" と答えてください。
   80 .
   81 
   82 .gpg.pklist.user_id.enter
   83 このメッセージを送りたい宛先のユーザIDを入力してください。
   84 .
   85 
   86 .gpg.keygen.algo
   87 使用するアルゴリズムを選択してください。
   88 
   89 DSA (別名 DSS)は電子署名アルゴリズムであり、署名にのみ使えます。
   90 
   91 Elgamal は暗号化のみのアルゴリズムです。
   92 
   93 RSA は署名と暗号化のどちらにも使えます。
   94 
   95 主鍵は常に、署名が可能の鍵である必要があります。
   96 .
   97 
   98 
   99 .gpg.keygen.algo.rsa_se
  100 一般的に、署名と暗号化に同一の鍵を用いることは良いことではありません。
  101 このアルゴリズムはある特定の領域だけに使うべきです。まず、セキュリティ
  102 の専門家に相談してください。
  103 .
  104 
  105 
  106 .gpg.keygen.size
  107 鍵の長さを入力してください。
  108 
  109 提案されたデフォルトが通常良い選択です。
  110 
  111 大きな鍵長を使いたい場合、たとえば4096ビットなど、本当に意味があるか再
  112 検討してください。こちらのウェブページを見るのも良いと思います:
  113 http://www.xkcd.com/538/
  114 .
  115 
  116 .gpg.keygen.size.huge.okay
  117 "yes" か "no" で答えてください。
  118 .
  119 
  120 
  121 .gpg.keygen.size.large.okay
  122 "yes" か "no" で答えてください。
  123 .
  124 
  125 
  126 .gpg.keygen.valid
  127 プロンプトで示された必要な値を入力してください。ISO形式の日付
  128 (YYYY-MM-DD)の入力が可能ですが、良いエラー対応が得られないかもしれませ
  129 ん。システムが与えられた値を期間と解釈することがあります。.
  130 .
  131 
  132 .gpg.keygen.valid.okay
  133 "yes" か "no" で答えてください。
  134 .
  135 
  136 
  137 .gpg.keygen.name
  138 鍵の持ち主の名前を入力してください。
  139 文字 "<" と ">" は許されていません。
  140 例: Heinrich Heine
  141 .
  142 
  143 
  144 .gpg.keygen.email
  145 オプションですが推奨される電子メールアドレスを入力してください。
  146 例: heinrichh@duesseldorf.de
  147 .
  148 
  149 .gpg.keygen.comment
  150 オプションのコメントを入力してください。
  151 文字 "(" と ")" は許されていません。
  152 一般的にコメントは必要ではありません。
  153 .
  154 
  155 
  156 .gpg.keygen.userid.cmd
  157 # (Keep a leading empty line)
  158 
  159 N  名前の変更。
  160 C  コメントの変更。
  161 E  電子メールアドレスの変更。
  162 O  鍵生成に進む。
  163 Q  鍵生成を止める。
  164 .
  165 
  166 .gpg.keygen.sub.okay
  167 副鍵を生成してよければ、"yes" (あるいは単に "y") と答えてください。
  168 .
  169 
  170 .gpg.sign_uid.okay
  171 "yes" か "no" で答えてください。
  172 .
  173 
  174 .gpg.sign_uid.class
  175 ある鍵のユーザIDに署名するとき、あなたは、まず、その鍵がそのユーザIDの
  176 人に属するかどうかを確認しなければなりません。あなたがどれくらいこれを
  177 慎重に確認したかについて、ほかの人が知ることは有用です。
  178 
  179 "0" は、どれくらい慎重に確認したかについて特になにも主張しないことを意味します。
  180 
  181 "1" は、あなたは、主張するその人が所有する鍵であると考えるが、その鍵について、
  182     確認できなかった、あるいはしなかったことを意味します。これは、ペンネームの
  183     ユーザの鍵に署名するような "persona" 確認に有用です。
  184 
  185 "2" は、その鍵に対し、通常の検証を行ったことを意味します。たとえば、鍵
  186     のフィンガープリントを確認し、写真付きIDでユーザIDを確認したことを
  187     意味します。
  188 
  189 "3" は、その鍵に対し、広範な検証を行ったことを意味します。たとえば、鍵
  190     のフィンガープリントを対面で確認し、パスポートなど偽造することが難
  191     しい写真付きIDでユーザIDを確認し、所有者の名前が鍵のユーザIDに適合
  192     し、メールの交換で、メールアドレスが所有者に属することを確認したこ
  193     とを意味します。
  194 
  195 上記のレベル2とレベル3で示した例は、単に例であることに注意してください。
  196 結局は、ほかの鍵に署名するとき、なにがあなたにとって「通常」で、なにが
  197 「広範」かをを決めるのは、あなた自身に任されています。
  198 
  199 正しい答えがなにかわからないときは "0" と答えてください。
  200 .
  201 
  202 .gpg.change_passwd.empty.okay
  203 "yes" か "no" で答えてください。
  204 .
  205 
  206 
  207 .gpg.keyedit.save.okay
  208 "yes" か "no" で答えてください。
  209 .
  210 
  211 
  212 .gpg.keyedit.cancel.okay
  213 "yes" か "no" で答えてください。
  214 .
  215 
  216 .gpg.keyedit.sign_all.okay
  217 すべてのユーザIDに対して署名したい場合、"yes"と答えてください。
  218 .
  219 
  220 .gpg.keyedit.remove.uid.okay
  221 このユーザIDを本当に削除したい場合、"yes"と答えてください。
  222 そうすると全部の証明書が失われます!
  223 .
  224 
  225 .gpg.keyedit.remove.subkey.okay
  226 副鍵を削除してよい場合、"yes"と答えてください。
  227 .
  228 
  229 
  230 .gpg.keyedit.delsig.valid
  231 これは、この鍵の有効な署名です。通常、この署名を削除することは望まない
  232 でしょう。この鍵(または、この鍵で証明された別の鍵)への信頼のコネクショ
  233 ンが成立することが重要となる場合があるからです。
  234 .
  235 
  236 .gpg.keyedit.delsig.unknown
  237 この署名は検証できませんでした。対応する鍵を持っていないからです。どの
  238 鍵が使われたかわかるまでこの削除を延期すべきです。この署名の鍵は、別の
  239 すでに証明された鍵を通じて信頼のコネクションを成立することがあるからで
  240 す。
  241 .
  242 
  243 .gpg.keyedit.delsig.invalid
  244 この署名は有効ではありません。鍵リングから削除することに意味があります。
  245 .
  246 
  247 .gpg.keyedit.delsig.selfsig
  248 これはこのユーザIDとこの鍵とを結ぶ署名です。通常、このような署名を削除
  249 することは良いことではありません。実際、GnuPGはこの鍵を使うことができな
  250 くなってしまうかもしれません。ですから、この自己署名がなんらかの理由に
  251 よって無効であり、第二のものが利用可能である場合にだけ、実行してくださ
  252 い。
  253 .
  254 
  255 .gpg.keyedit.updpref.okay
  256 すべてのユーザID(もしくは単に選択された一つ)の優先指定を現行の優先指定
  257 に変更します。すべての関係する自己署名のタイムスタンプは、一秒進んだも
  258 のとなります。
  259 .
  260 
  261 .gpg.passphrase.enter
  262 # (keep a leading empty line)
  263 
  264 パスフレーズを入力してください。秘密の文です。
  265 .
  266 
  267 
  268 .gpg.passphrase.repeat
  269 もう一度パスフレーズを入力し、間違いなく入力されたことを確認してください。
  270 .
  271 
  272 .gpg.detached_signature.filename
  273 署名が適用されるファイルの名前を与えてください。
  274 .
  275 
  276 .gpg.openfile.overwrite.okay
  277 # openfile.c (overwrite_filep)
  278 ファイルを上書きしてよければ、"yes"と答えてください。
  279 .
  280 
  281 .gpg.openfile.askoutname
  282 # openfile.c (ask_outfile_name)
  283 新しいファイル名を入力してください。単にEnterを打つと、カッコで示された
  284 デフォルトのファイルが使われます。
  285 .
  286 
  287 .gpg.ask_revocation_reason.code
  288 # revoke.c (ask_revocation_reason)
  289 証明書の理由を指定します。下記のリストから選択してください:
  290   "鍵が危うくなった"
  291       承認していない人があなたの秘密鍵へのアクセスを得たと考える理由が
  292       ある場合に、これを指定します。
  293   "鍵を取り替えた"
  294       新しい鍵でこの鍵を置き換えた場合に、これを指定します。
  295   "鍵はもう使われない"
  296       この鍵を使わなくなった場合に、これを指定します。
  297   "ユーザIDが無効となった"
  298       ユーザIDをもはや使うべきでない場合に、これを指定します。通常、こ
  299       れは、電子メールアドレスが無効となった場合です。
  300 .
  301 
  302 
  303 .gpg.ask_revocation_reason.text
  304 # revoke.c (ask_revocation_reason)
  305 必要であれば、この失効証明書を発行する理由を記述する文章を入力する
  306 ことができます。この文章は簡潔にしてください。空行は文章の終わりを
  307 意味します。
  308 .
  309 
  310 
  311 .gpgsm.root-cert-not-trusted
  312 # This text gets displayed by the audit log if
  313 # a root certificates was not trusted.
  314 ルート証明書(信頼の拠り所)が信頼できるとされていません。設定にもよりま
  315 すが、そのルート証明書を信頼できるものと指定するように既に問われたかも
  316 しれませんし、手動でGnuPGがその証明書を信頼できると扱うように設定する必
  317 要があります。信頼できる証明書は、GnuPGのホームディレクトリのファイル
  318 trustlist.txt に設定します。疑問のある場合、システム管理者にこの証明書
  319 を信頼してよいものかどうか問い合わせてください。
  320 .
  321 
  322 
  323 .gpgsm.crl-problem
  324 # This tex is displayed by the audit log for problems with
  325 # the CRL or OCSP checking.
  326 設定によりますが、CRLの取得か、OCSP検証の際に問題が起きました。これが動
  327 かない場合、実に様々な理由がありえます。解決策は、マニュアルを見てくだ
  328 さい。
  329 .
  330 
  331 
  332 # Local variables:
  333 # mode: fundamental
  334 # coding: utf-8
  335 # End: