"Fossies" - the Fresh Open Source Software Archive

Member "openafs-1.7.32/src/WINNT/doc/install/Documentation/ja_JP/html/SysAdminGd/auagd026.htm" (4 Oct 2014, 202772 Bytes) of archive /windows/misc/openafs-1.7.32-src.tar.gz:




管理の手引き












管理の手引き


索引


数字
A B C D E F G I K L M N O P R S T U V W X
  • アクセス
  • カウント、ボリューム・ヘッダーの (6618)
  • 制御リスト、参照: ACL (5591)
  • 透過的 (AFS 機能) (5555)
  • ACL 上のアクセス権 (ACL 上のアクセス権、ACL の項目を参照してください。) (8017)
  • アンインストール
  • サーバー・プロセスとコマンドの組のバイナリー (6098)
  • 暗号化されたネットワーク通信 (5811)
  • 移動
  • ボリューム (6665)
  • 意図フラグ、VLDB 項目の (6681)
  • イベント
  • AIX サーバー・マシンの AFS イベント監査 (7240)
  • イベント・セット(fstrace)
  • 持続 (7158)
  • 状態の表示 (7171)
  • 設定 (7167)
  • インストール
  • サーバー・バイナリー (6086)
  • サーバー・プロセス・バイナリーについて (6080)
  • ファイル・サーバー・マシンにあるディスク (6198)
  • インターネット
  • セル名のための規則 (5648)
  • ウィンドウ
  • scout 表示のサイズ変更 (7136)
  • 上書き
  • uss による既存のディレクトリー / ファイル / リンク (7594)
  • オーファン・グループ (7885)
  • カーネルのメモリー (クライアント)
  • CellServDB ファイル、読み込む (7403)
  • 開始
  • サーバー・プロセス (6328), (6351)
  • データベース・サーバー・プロセスについて (6314)
  • 回避
  • コア・リーク、スケジュールされた BOS サーバー再始動による (6388)
  • 相互認証 (6187)
  • 外部セル (5552)
  • ローカル・セルで見ることができるようにする (5672)
  • ローカル・セルを見ることができるようにする (5665)
  • カウンター
  • 保護データベース (max user id、 max group id) (7990)
  • 書き込み
  • AFS クライアント上に保管されたファイルに対するシステム呼び出し (5643)
  • NFS からの遅延操作 (8165)
  • NFS クライアントに保管されるファイルへのシステム呼び出し (8166)
  • 鍵バージョン番号
  • 定義済み (7250)
  • 活動状態
  • fstrace event set の状態 (7153)
  • scout プログラムによるクライアント統計 (7117)
  • 活動停止中 (fstrace event set の状態) (7154)
  • 可能なバリエーション
  • 複写の (6511)
  • 過半数
  • Ubik に定義される (6073)
  • 過密、ディスク・パーティションの
  • 削減のためのボリュームの移動 (6668)
  • ユーザーへの影響 (6669)
  • 可用性、データの
  • ダンプによる割り込み (6759)
  • 環境
  • 比較されるタイプ (5537)
  • 管理
  • クライアント・マシン (7304)
  • サーバー・マシン (5836)
  • ユーザー・アカウント (7731)
  • 管理権限
  • 3 つのタイプ (8098)
  • 管理データベース
  • バックアップ (6076)
  • 復元 (6078)
  • 複写について (6050)
  • 記号リンク
  • 存在する場合、uss による上書き (7598)
  • パッケージによる作成 (7548)
  • AFS パス名の第 2 レベル (5683)
  • uss による作成 (7687)
  • 基準、ボリュームの複写の (6503)
  • 規則
  • グループ名、割り当て (7936)
  • セル名 (5647)
  • ボリューム名 (5687), (6456)
  • AFS パス名 (5657)
  • uss テンプレート・ファイル (7629)
  • uss バルク入力ファイルに対する (7727)
  • 起動
  • scout プログラム (7138)
  • キャッシュ (5571)
  • キャッシュ・ファイル (クライアント) (7339)
  • キャッシュ・マネージャー
  • カーネル・メモリーに保管されるシステム・タイプ名 (7497)
  • 書き込み操作の非同期性を使用可能にする (7505)
  • 機能 (5605)
  • 構成およびカスタマイズ (7305)
  • 設定
  • ディスク・キャッシュ・ロケーション (7351)
  • ファイル・サーバーのプローブ間隔 (7439)
  • ホーム・セル (7445)
  • cacheinfo ファイル内のキャッシュ・サイズ (7353)
  • 説明 (7307)
  • キャッシュをフラッシュする (7450)
  • データ収集、xstat データ収集機能による (7209)
  • データベース・サーバー・プロセス、接続する (7399)
  • データ・キャッシュ
  • リブート時に設定されるサイズの表示 (7354)
  • データ・キャッシュ・サイズ
  • 現行を表示する (7374)
  • 次のリブートまでに設定する (7386)
  • デフォルト値にリセット (ディスク・キャッシュ専用) (7394)
  • cacheinfo ファイル内の設定 (7380)
  • 表示
  • cacheinfo ファイルからのキャッシュ・サイズ (7352)
  • 表示メッセージ、制御 (7493)
  • パフォーマンスのモニター (7094)
  • ファイル・サーバーと VL サーバーのプリファレンス・ランク (7464)
  • ファイル・サーバーに登録されているインターフェース (7477)
  • マウント・ポイントの解釈プログラムとして (6451)
  • afsd 初期設定プログラム (7314)
  • CellServDB ファイル (クライアント)、使用 (7400)
  • NetInfo ファイルの使用 (7475)
  • NetRestrict ファイルの使用 (7476)
  • setuid プログラム (7431)
  • xstat のサンプル・コマンド (7228)
  • xstat データ収集 (7217)
  • xstat データ収集機能ライブラリー (7211)
  • xstat_cm_test サンプル・コマンド (7235)
  • キャラクター型スペシャル・デバイス
  • パッケージによる作成 (7556)
  • 休止 (fstrace event set の状態) (7155)
  • 強調表示、scout で表示される統計
  • 設定、しきい値の (7144)
  • 反転表示の使用 (7127)
  • 共通構成ファイル (サーバー) (5929)
  • 共用シークレット (5817)
  • 許可検査
  • およびプロセスの再始動 (6177)
  • セル全体の制御 (6175)
  • 使用可能化 (6183)
  • 使用不可 (6180)
  • 定義 (6173)
  • 認証と比較した (6168)
  • 許可検査の使用可能化 (6184)
  • 許可検査をオフにする (6181)
  • 許可検査をオンにする (6185)
  • 緊急事態
  • サーバー暗号化鍵のミスマッチ (7293)
  • 禁止
  • ACL 禁止項目によるアクセスの (8074)
  • クーロン・タイプのサーバー・プロセス
  • ボリュームのバックアップの自動化に使用 (6537)
  • 定義済み (6299)
  • クライアント
  • 定義 (5544)
  • パッケージを使用してローカル・ディスクを構成する (7515)
  • パッケージを実行するために変更する (7573)
  • マシン
  • 定義 (5547)
  • クライアント・マシン
  • カーネル・メモリーのセルの変更リスト (7421)
  • 外部セルへのアクセスを可能にする (5722)
  • 外部セルを見ることができるようにする (5673)
  • 管理 (7303)
  • キャッシュ・データをフラッシュする (7455)
  • キャッシュ・ファイル (7340)
  • キャッシュ・マネージャーのメモリーに保管されるシステム・タイプ名 (7498)
  • 構成に関する考慮事項 (5717)
  • 構成ファイル (7311)
  • 設定
  • ディスク・キャッシュ・ロケーション (7360)
  • 表示メッセージ、制御 (7494)
  • ホーム・セル (7446)
  • cacheinfo ファイル内にデータ・キャッシュのサイズを (7363)
  • データベース・サーバー・プロセス、接続する (7398)
  • データベース・サーバー・マシン、情報を表示 (7414)
  • データ・キャッシュ・サイズ
  • 現行を表示する (7373)
  • 次のリブートまでに設定する (7385)
  • cacheinfo ファイル内の設定 (7379)
  • ディスク対メモリー・キャッシュ (7349)
  • ディスク・キャッシュ・サイズ
  • デフォルト値にリセットする (7393)
  • パフォーマンスのモニター (7095)
  • 表示
  • cacheinfo ファイルからのデータ・キャッシュ・サイズ (7362)
  • ホーム・セルの設定 (5652)
  • リブート時のデータ・キャッシュ・サイズ
  • 表示 (7361)
  • ローカル・ディスクで必要なファイル (5719)
  • CellServDB ファイル、表示 (7413)
  • CellServDB ファイルの変更 (7423)
  • setuid プログラムの実行を制御する (7430)
  • /usr/vice/etc ディレクトリー (7312)
  • クライアント・マシン統計、scout プログラムによる (7118)
  • クリア
  • トレース・ログの内容 (fstrace) (7185)
  • グループ
  • オーファン、表示する (7884)
  • 共有使用 (7929)
  • グループ使用 (7931)
  • 個人使用 (7927)
  • 効果的な使用 (7925)
  • 作成割り当て量 (項目参照: 割り当て量) (7858)
  • 自己所有、作成 (7938)
  • システム (7827)
  • システム定義の (5748)
  • 所有されるグループ、表示する (7882)
  • 所有者
  • すべてを表示 (7903)
  • 表示 (7857)
  • 制約事項 (5742)
  • 通常および接頭部を持たない、定義済み (7922)
  • 定義 (5592)
  • 名前、割り当て (7921)
  • プライバシー・フラグ (5743)
  • 保護データベース記入項目、作成 (7919)
  • 保護データベース項目
  • 削除 (7957)
  • すべてを表示 (7902)
  • 名前、変更 (7970)
  • 表示 (7856)
  • 保護データベース項目、説明 (7824)
  • 保護データベース項目のプライバシー・フラグ
  • 設定 (7982)
  • 表示 (7859)
  • マシンまたはユーザーのメンバーシップ、表示する (7876)
  • 命名に関する規則 (7937)
  • メンバー、削除 (7949)
  • メンバー、追加する (7942)
  • メンバー、表示する (7875)
  • ユーザーまたはグループにより表示される、表示する (7887)
  • ACL 項目、の有用性 (8046)
  • ACL でのシステム定義 (8049)
  • AFS GID (5741)
  • AFS GID 、割り当て (7920)
  • グループの共有使用 (7928)
  • グループのグループ使用 (7930)
  • グループの個人使用 (7926)
  • クローズ、システム呼び出しの
  • AFS クライアント上に保管されたファイルに対する (5642)
  • グローバル・ネーム・スペース (5656)
  • クロック
  • Ubik の同期化 (6061)
  • 決定
  • サーバー・マシンが果たす役割 (6031)
  • システム制御マシンの識別 (6039)
  • データベース・サーバー・マシンの識別 (6036)
  • の識別:
  • 単純なファイル・サーバー・マシン (6045)
  • バイナリー配布マシンの識別 (6042)
  • 複写の成功 (6490)
  • ケルベロス
  • ユーザー名の使用 (5587)
  • AFS でのサポート (5801)
  • 権限付与
  • ACL の設定によるファイル・アクセス (8064)
  • backup コマンドに対する特権 (8143)
  • bos コマンドに対する特権 (8141)
  • fs コマンドに対する特権 (8104)
  • kas コマンドに対する特権 (8122), (8134)
  • pts コマンドに対する特権 (8105)
  • vos コマンドに対する特権 (8142)
  • 現在の保護サブグループ (7816)
  • コーディネーター (Ubik)
  • 選出手順の説明 (6068)
  • 定義 (6055)
  • コールバック (5575)
  • コア・ファイル
  • サーバー・プロセスの (5988)
  • /usr/afs/logs ディレクトリーからの除去 (6122)
  • コア・リーク
  • スケジュールされた再始動による防止 (6387)
  • 更新
  • パッケージが付属するまたは付属しない CellServDB ファイル (クライアント) (7427)
  • 更新サーバー
  • 開始および停止について (6316)
  • クライアント部分 (5600)
  • 構成ファイルの (6030)
  • バイナリーの (6025)
  • サーバー構成ファイルの配布 (5931)
  • サーバー部分 (5599)
  • システム制御マシンの (6029)
  • バイナリー配布マシンの (6024)
  • 接触する時期 (6283)
  • 説明 (5598)
  • CellServDB ファイル (サーバー)、配布 (6138)
  • KeyFile ファイルの配布側 (7259)
  • upserver および upclient プロセス (6280)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5906)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5906)
  • 更新日付
  • ボリューム・ヘッダーに記録された (6616)
  • 構成
  • キャッシュ・マネージャー (7306)
  • クライアント、考慮事項 (5718)
  • トレース・ログ (fstrace) (7164)
  • パッケージを使用してクライアントのローカル・ディスクを (7514)
  • ファイル・サーバー・マシン、考慮事項 (5702)
  • ファイル・スペース、考慮事項 (5677)
  • afsmonitor プログラム (7198)
  • 構成ファイル
  • クライアント・マシン (7310)
  • サーバー・マシン、共通の (6027)
  • 参照: CFG_<device_name> 構成ファイル (6951)
  • パッケージ・プログラム (7524)
  • パッケージ・プログラム用命令 (7536)
  • 項目、VLDB の
  • 表示、ボリューム・ヘッダーと (6624)
  • ボリュームの (6438)
  • ロック / ロック解除 (6791)
  • コピーする
  • ディレクトリー間の ACL (8085)
  • コマンド
  • 対話式バックアップ (6979)
  • 特権、定義された (6171)
  • バックアップ終了 (6982)
  • バックアップ状況 (7005)
  • バックアップ・ジョブ (6990)
  • パッケージ (7576)
  • afsd (7316)
  • afsmonitor (7201)
  • backup
  • 対話モードに入るための (6978)
  • backup adddump (6918)
  • backup addhost (6857)
  • backup addvolentry (6877)
  • backup addvolset (6873)
  • backup dbverify (7080)
  • backup deldump (6929)
  • backup deletedump (7088)
  • backup delhost (6862)
  • backup delvolentry (6892)
  • backup delvolset (6887)
  • backup diskrestore (7069)
  • backup dump (7027)
  • backup dumpinfo (7032)
  • backup kill (6995)
  • backup labeltape (6943)
  • backup listdumps (6935)
  • backup listhosts (6868)
  • backup listvolsets (6884)
  • backup readlabel (6945)
  • backup restoredb (7083)
  • backup savedb (7081)
  • backup scantape (7045)
  • backup setexp (6924)
  • backup volinfo (7038)
  • backup volrestore (7065)
  • backup volsetrestore (7071)
  • bos addhost (6156)
  • bos addkey (7285)
  • bos adduser (8152)
  • bos create (6340)
  • bos delete (6350)
  • bos exec (6240)
  • bos getdate (6115)
  • bos getlog (6424)
  • bos getrestart (6400)
  • bos install (6097), (6107)
  • bos listhosts (6140)
  • bos listkeys (7267)
  • bos listusers (8148)
  • bos prune (6124)
  • bos removehost (6167)
  • bos removekey (7291)
  • bos removeuser (8156)
  • bos restart
  • 選択したプロセス (6384)
  • BOS サーバーを除く (6380)
  • BOS サーバーを含む (6378)
  • bos salvage (6705)
  • bos setauth (6179)
  • bos setrestart (6403)
  • bos shutdown (6366)
  • bos start (6364)
  • bos startup (6368)
  • bos status (6324)
  • bos stop (6360)
  • butc (7001)
  • chgrp (UNIX と比較した AFS) (5618)
  • chmod (UNIX と比較した AFS) (5613)
  • chown (UNIX と比較した AFS) (5616)
  • fms (6847)
  • fs checkservers (7441)
  • fs checkvolumes (7461)
  • fs cleanacl (8093)
  • fs copyacl (8087)
  • fs examine (6656), (6732)
  • fs exportafs (8174)
  • fs flush (7457)
  • fs flushmount (7463)
  • fs flushvolume (7459)
  • fs getcacheparms (7377)
  • fs getcellstatus (7434)
  • fs getclientaddrs (7490)
  • fs getserverprefs (7471)
  • fs listacl (8057)
  • fs listcells (7416)
  • fs listquota (6650), (6721)
  • fs lsmount (6559)
  • fs mkmount (6471)
  • 一般的説明 (6565)
  • バックアップ・ボリュームの取り付け時 (6543)
  • ボリュームを名前変更するとき (6786)
  • ボリューム復元時 (6771)
  • ユーザー・アカウントの作成時 (7756)
  • ユーザー名の変更時 (7797)
  • fs newcell (7429)
  • fs quota (6717)
  • fs rmmount (6573), (6752), (6784), (7792), (7809)
  • fs setacl (8069)
  • -clear フラグ (8082)
  • -negative フラグを付けた (8071)
  • fs setcachesize (7388)
  • fs setcell (7436)
  • fs setclientaddrs (7492)
  • fs setquota (6711)
  • fs setserverprefs (7473)
  • fs setvol (6715)
  • fs storebehind
  • デフォルトの非同期性の設定 (7507)
  • デフォルトの非同期性の表示 (7511)
  • 特定のファイルの非同期性の表示 (7513)
  • 特定のファイルへの非同期性の設定 (7509)
  • fs sysname (7500)
  • fs whereis (6663)
  • fs メッセージ (7496)
  • fsck (AFS バージョン) (5636)
  • fsck (UNIX と比較した AFS) (5634)
  • fstrace dump (7178)
  • fstrace lslog (7174)
  • fstrace lsset (7170)
  • fstrace setlog (7162)
  • fstrace setset (7166)
  • fstrace クリア (7183)
  • ftp (UNIX と比較した AFS) (5824)
  • ftpd (UNIX と比較した AFS) (5620), (5826)
  • groups (UNIX と比較した AFS) (5622)
  • inetd (UNIX と比較した AFS) (5624), (5828)
  • kas create (7752)
  • ユーザー名の変更時 (7785)
  • kas delete (7802)
  • ユーザー名の変更時 (7783)
  • kas examine (7273)
  • ADMIN フラグの表示 (8126)
  • kas setfields (5788), (5793)
  • 認証の試行の失敗を制限 (7762)
  • パスワード再利用の禁止 (7769)
  • パスワードの存続時間の設定 (7766)
  • ADMIN フラグを設定する (8127)
  • kas setpassword (5784), (7287), (7774)
  • kas unlock (7764)
  • kas 対話式 (6193)
  • klog (5769)
  • klog.krb (5802)
  • knfs (8178)
  • kpasswd (5782), (5797), (5798)
  • ln (UNIX と比較した AFS) (5626)
  • mount (8175)
  • pagsh (5753)
  • pagsh.krb (5803)
  • pts adduser (7947)
  • system:administrators グループ (8114)
  • pts chown (7965)
  • pts creategroup (7934)
  • pts createuser
  • マシン項目 (7915)
  • ユーザー・アカウント (7750)
  • pts delete (7813), (7961)
  • pts examine (7869)
  • pts listentries (7907)
  • pts listmax (7995)
  • pts listowned (7889)
  • pts membership (7881)
  • system:administrators グループの表示 (8110)
  • pts removeuser (7954)
  • system:administrators グループ (8118)
  • pts rename
  • マシンまたはグループの名前 (7972)
  • ユーザー名 (7781)
  • pts setfields
  • グループ作成割り当て量を設定する (7981)
  • プライバシー・フラグの設定 (7989)
  • pts setmax (8010)
  • rcp (UNIX と比較した AFS) (5628), (5830)
  • rlogind (UNIX と比較した AFS) (5630), (5832)
  • rsh (UNIX と比較した AFS) (5632), (5834)
  • scout (7142)
  • share (8172)
  • strings (6127)
  • sys (7502)
  • tokens (5767)
  • tokens.krb (5804)
  • udebug (5899)
  • umount (6214)
  • unlog (5776)
  • uss add (7712)
  • uss bulk (7730)
  • uss delete (7721)
  • uss テンプレート・ファイルからの実行 (7696)
  • vos addsite (6518)
  • vos backup (6541)
  • vos backupsys (6545)
  • vos changeaddr (6236)
  • vos create
  • 基本命令 (6468)
  • ユーザー・アカウントの作成時 (7754)
  • vos delentry (6747)
  • vos dump (6765)
  • vos examine
  • 基本命令 (6628)
  • vos listaddrs (6234)
  • vos listpart (6202)
  • vos listvldb
  • 構文 (6581)
  • vos listvol
  • 構文 (6595)
  • vos lock (6794)
  • vos move
  • 基本命令 (6676)
  • vos partinfo (6465)
  • vos remove (7805)
  • 基本命令 (6750)
  • vos remsite (6745)
  • vos rename
  • 基本命令 (6782)
  • ユーザー名の変更時 (7787)
  • vos restore (6769), (6773)
  • vos syncserv (6694)
  • vos syncvldb (6692)
  • vos unlock (6796)
  • vos unlockvldb (6798)
  • vos zap (6743)
  • vosリリース
  • 基本命令 (6522)
  • which (6126)
  • xstat_cm_test (7233)
  • xstat_fs_test (7229)
  • -setpag フラグ付きの klog (5755)
  • コマンドの解釈プログラム
  • CellServDB ファイル (クライアント)、使用 (7401)
  • コマンドの組
  • バイナリー
  • アンインストール (6102)
  • インストール (6088)
  • タイム・スタンプの表示 (6109)
  • 古くなったものの除去 (6120)
  • コマンド・パラメーター
  • BosConfig ファイルの (6305)
  • コンパイル
  • パッケージ・プロトタイプ・ファイル (7570)
  • 日付、バイナリー・ファイルでのリスト作成 (6112)
  • サーバー
  • プロセス
  • 定義 (5546)
  • AFS のリスト (5578)
  • 定義 (5543)
  • サーバー / クライアント・モデル (5542)
  • サーバー暗号化鍵 (5820), (5936)
  • 置き換えが必要な緊急事態 (7294)
  • 相互認証における役割 (7244)
  • チェックサムの表示 (7262)
  • 定義済み (5818), (7241)
  • 認証データベース (7255)
  • 認証データベースからの表示 (7272)
  • 認証データベースで設定 (7283)
  • パスワードのような性質 (7258)
  • 頻繁に変更する (7249)
  • KeyFile ファイル (7254)
  • KeyFile ファイルからの削除 (7289)
  • KeyFile ファイルからの表示 (7265)
  • KeyFile ファイルへの追加 (7278)
  • サーバー項目、VLDB の (6226)
  • サーバーのプリファレンス・ランク (7468)
  • サーバー・チケット (7247)
  • サーバー・プロセス
  • 永久停止 (6331), (6348), (6353), (6358)
  • 開始 (6330), (6352)
  • クーロン・タイプ、定義 (6300)
  • 異なる名前 (6244)
  • 再始動
  • BOS サーバーを除く (6381)
  • 作成 (6329)
  • 作成と開始 (6333)
  • 状況の表示 (6318)
  • シンプル・タイプ、定義 (6293)
  • ためのチケット (トークン) の作成 (5771)
  • 停止後即時に再始動する (6370)
  • 特定プロセスの再始動 (6386)
  • バイナリー (参照項目: サーバー・プロセス・バイナリー) (6083)
  • 変更済みのバイナリーの再始動 (6090)
  • ログ・ファイルの表示 (6406)
  • BOS サーバー再始動による再始動 (6374)
  • BosConfig の項目を表示 (6321)
  • BosConfig ファイルからの除去 (6332), (6347)
  • BosConfig ファイルでの定義 (6334)
  • bosserver (6246)
  • buserver (6252)
  • CellServDB ファイルの使用 (6134)
  • fs (6256)
  • fs タイプ、定義 (6295)
  • kaserver (6268)
  • ptserver (6272)
  • runntp (6277)
  • upclient (6282)
  • upserver (6281)
  • vlserver (6286)
  • サーバー・プロセス・バイナリー
  • /usr/afs/bin にある (5839)
  • アンインストール (6100)
  • インストール (6081), (6087)
  • タイム・スタンプの表示 (6108)
  • 古いバージョンへの復帰 (6101)
  • 古くなったものの除去 (6119)
  • サーバー・マシン
  • 一貫したバージョンのソフトウェアに必要な (6085)
  • 管理 (5835)
  • 規則
  • 要約 (5704)
  • 構成に関する考慮事項 (5701)
  • コマンドのアンインストール & プロセス・バイナリー (6103)
  • 最初にインストールされた (5705)
  • システム制御の役割 (6028)
  • シンプル・ファイル・サーバーの役割 (6015)
  • データベース・サーバーの役割 (6017)
  • バイナリー配布の役割 (6023)
  • ホーム・セルの設定 (5651)
  • モニター (5712)
  • 役割の決定 (6033)
  • 要約した役割 (6013)
  • リブート (6238)
  • ローカル・ディスク上の保護ディレクトリー (5710)
  • /usr/afs/etc にある構成ファイル (5930)
  • サーバー・マシンの usr/afs/bin ディレクトリー
  • リストの内容 (5837)
  • サーバー・マシンの usr/afs/db ディレクトリー
  • リストの内容 (5961)
  • サーバー・マシンの usr/afs/etc ディレクトリー
  • リストの内容 (5926)
  • サーバー・マシンの usr/afs/local ディレクトリー
  • リストの内容 (5941)
  • サーバー・マシンの usr/afs/logs ディレクトリー
  • リストの内容 (5983)
  • サーバー・マシンの vicep ディレクトリー
  • リストの内容 (6003)
  • サーバー・マシンの役割 (6012)
  • 決定 (6034)
  • 要約 (5703)
  • 再始動
  • サーバー・プロセス (6385)
  • 許可検査を変更するとき (6176)
  • BOS サーバーを除く (6382)
  • BOS サーバーを含む (6375)
  • 再始動時時刻、BOS サーバーの
  • 設定 (6395)
  • について (5716)
  • 表示と設定 (6393)
  • サイズ変更
  • scout の表示 (7137)
  • 最大ボリューム割り当て量 (6708)
  • サイト
  • ボリュームの定義 (6428)
  • VLDB のカウント (6583)
  • サイト定義ステージ、複写の (6485)
  • 再利用
  • useCounts、磁気テープの (バックアップ・システム) (6906)
  • 削除
  • グループ・メンバー (7948)
  • すべての ACL 項目 (8080)
  • データベース・サーバー・マシン
  • クライアント CellServDB ファイルとカーネル・メモリーから (7418)
  • サーバー CellServDB ファイルからの (6157)
  • トレース・ログの内容 (fstrace) (7186)
  • 認証データベース項目から ADMIN フラグを (8132)
  • ファイル・サーバー・マシンからディスクの (6208)
  • 古くなった .BAK バージョンと .OLD バージョンのバイナリーの (6118)
  • 古くなった AFS ID を ACL から (8089)
  • 保護データベース項目 (7815), (7955)
  • ボリューム (6738)
  • マウント・ポイント (6570), (6735)
  • ユーザー名の変更時 (7794)
  • ユーザー・アカウント・コンポーネント (7799)
  • ユーザー・アカウントの削除時のボリューム (7807)
  • ユーザー・アカウントの削除時のマウント・ポイント (7811)
  • ACL 項目 (8067)
  • BosConfig ファイルからのサーバー・プロセス (6344)
  • KeyFile のサーバー暗号化鍵 (7288)
  • system:administrators グループ・メンバー (8116)
  • UserList ファイルのユーザー (8154)
  • uss による認証データベース項目 (7716)
  • uss によるバルクのユーザー・アカウント (7725)
  • uss による保護データベース・ユーザー項目 (7715)
  • uss によるユーザー・アカウント (7713)
  • /usr/afs/logs のコア・ファイル (6121)
  • 作成
  • 禁止アクセス権機能グループの ACL項目 (8072)
  • グループ、自己所有 (7939)
  • サーバー暗号化鍵 (7277)
  • サーバー・プロセス (6326)
  • 磁気テープ・ラベル (バックアップ・システム) (6940)
  • 新規のユーザー・アカウントでの標準ファイル (5740)
  • セルラー・マウント・ポイント (6567)
  • 同時に複数のバックアップ・ボリューム (6529)
  • 認証データベース項目
  • kas create コマンドによる (7742)
  • uss による (7705)
  • バックアップ・ボリューム (6526)
  • 別のコピーとしての ACL (8084)
  • 保護データベースのグループ項目 (7916)
  • 保護データベースのユーザー項目
  • pts createuser コマンドによる (7741)
  • uss による (7704)
  • 保護データベース・マシン項目 (7908)
  • ユーザー・アカウント
  • 個別コマンドによる (7739)
  • uss による (7700)
  • ユーザー名の変更時のマウント・ポイント (7798)
  • 読み取り / 書き込みボリューム (6458)
  • 読み取り / 書き込みまたは正規のマウント・ポイント (6561)
  • 読み取り専用ボリューム (6481)
  • ACL 項目 (8065)
  • klog または pagsh コマンドによる PAG (5758)
  • NetInfo ファイル (クライアント・バージョン) (7483)
  • NetInfo ファイル (サーバー・バージョン) (6228)
  • NetRestrict ファイル (クライアント・バージョン) (7487)
  • NetRestrict ファイル (サーバー・バージョン) (6231)
  • uss による共通ローカル・パスワード・ファイル内の設定 (7607)
  • uss によるディレクトリー (7660)
  • uss によるバルクのユーザー・アカウント (7722)
  • uss によるファイル (7668), (7674)
  • uss によるボリューム (7639)
  • uss によるマウント・ポイント (7649)
  • uss によるユーザー・アカウント・タイプの (7620)
  • uss によるリンク (ハードまたは記号) (7682)
  • 作成者
  • 保護データベース項目
  • すべてを表示 (7901)
  • 表示 (7853)
  • 作成日
  • ボリューム・ヘッダーに記録された (6614)
  • サルベージ
  • ボリューム (6702)
  • サルベージャー
  • 起動の説明 (6700)
  • 接触する時期 (6265)
  • 説明 (5603)
  • ログ・ファイルの表示 (6421)
  • fs プロセスの一部として (6259), (6298)
  • VLDB/ ボリューム・ヘッダーの再同期の前に実行する (6689)
  • (参照項目: サルベージャー) (5892)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5891), (5896)
  • 参加
  • AFS グローバル・ネーム・スペースへの (5654)
  • しきい値、scout で表示される統計の
  • 設定 (7145)
  • 識別
  • サーバー・マシンが果たす役割 (6032)
  • システム制御マシン (6040)
  • シンプル・ファイル・サーバー・マシン (6046)
  • データベース・サーバー・マシン (6037)
  • バイナリー配布マシン (6043)
  • 自己所有のグループ (7932)
  • システム障害
  • サーバーの自動再始動による (6397)
  • サーバー・プロセスの再始動による (6373)
  • 削減 (5581)
  • Ubik 選出のために (6075)
  • システム制御マシン (6026)
  • ソース、共通 KeyFile ファイルの (7260)
  • bos status を使った識別 (6038)
  • CellServDB ファイル、サーバー・マシンへの配布 (6136)
  • UserList ファイルのディストリビューターとして (8144)
  • システム・グループ
  • 定義 (7826)
  • ACL 上で使用 (8048)
  • 持続 fstrace イベント・セットまたはトレース・ログ (7156)
  • 実行
  • uss テンプレート行を使用するコマンド (7695)
  • 自動
  • 更新管理、 Ubik によるデータベースの (6057)
  • BOS サーバーによるプロセス再始動 (6390)
  • 自動化
  • バックアップ・システムによるテープの取り付けおよび取り外し (6957)
  • バックアップ・ボリュームの作成 (6532)
  • 週間再始動、BOS サーバーの (自動)
  • について (5715)
  • 収集
  • データの、xstat データ収集機能による (7207)
  • 柔軟な同期サイト (Ubik) (6070)
  • 障害
  • サーバーの自動再始動による (6396)
  • サーバー・プロセスの再始動による (6372)
  • フル・パーティションによるファイル・ストーレッジの (6670)
  • BOS サーバーの役割 (5582)
  • scout プログラムによるモニター (7130)
  • Ubik 選出のために (6074)
  • uss アカウント作成の
  • からの回復 (7590)
  • 消去
  • すべての ACL 項目 (8079)
  • 状況
  • サーバー・プロセスの表示 (6319)
  • 状況フラグ
  • リリース、VLDB 項目内のサイト定義の (6589)
  • 消去する
  • すべての ACL 項目 (8078)
  • 症状
  • ボリュームの破壊 (6698)
  • VLDB/ ボリューム・ヘッダー非同期化の (6683)
  • 使用不可
  • 許可検査 (6182)
  • 省略表現
  • ACL アクセス権 (8038)
  • 初期化
  • サーバー・プロセス (6325)
  • scout プログラム (7140)
  • 初期設定スクリプト、AFS (7330)
  • ジョブ ID 番号 (バックアップ・システム) (6975)
  • 操作
  • 取り消し (6993)
  • 表示 (6988)
  • 所有者
  • 保護データベース項目
  • すべてを表示 (7900)
  • 割り当ての規則 (7935)
  • 表示 (7852)
  • 変更 (7963)
  • 処理
  • サーバー暗号化鍵の緊急事態 (7297)
  • 新規バイナリーのための毎日の再始動
  • 時間の表示と設定 (6394)
  • 新規リリース・サイト・フラグ、VLDBの
  • 失敗した複写のインディケーターとして (6497)
  • シンプル・タイプのサーバー・プロセス
  • 定義済み (6292)
  • シンプル・ファイル・サーバー・マシン (6014)
  • bos status を使った識別 (6044)
  • シンプル・プロセス
  • bos create コマンドを使用した作成 (6341)
  • スクリプト、AFS 初期設定 (7331)
  • スケジューリング
  • バックアップ・ボリュームの作成 (6536)
  • 正規のマウント・ポイント
  • 「マウント・ポイント」項目を参照 (6548)
  • 正規表現
  • バックアップ・システム (6869)
  • 制御
  • セル全体の許可検査 (6174)
  • VLDB の登録済みサーバー・マシン・インターフェース (6223)
  • 整合性の保証
  • 管理データベース (6065)
  • キャッシュ・データ (5576)
  • 制約事項
  • ボリューム名の (5691)
  • AFS のハード・リンクに対する (5640)
  • セキュリティー
  • 暗号化されたネットワーク通信 (5812)
  • 改善のための提案 (5813)
  • AFS のハード・リンクに対する (5640)
  • セッション鍵 (5822), (7248)
  • 設定
  • イベント・セット(fstrace) (7168)
  • クライアント対ファイル・サーバーのプローブ間隔 (7438)
  • クライアント・マシンのホーム・セル (7443)
  • セル名 (5649)
  • 認証データベース項目内の ADMIN フラグ (8131)
  • パスワード
  • 認証データベース内の (7771)
  • ファイル・サーバーに登録されているクライアント・インターフェース (7479)
  • ファイル・サーバー・マシンのキャッシュ・マネージャー・プリファレンス (7467)
  • ボリューム割り当て量
  • 単一ボリュームの (6709)
  • 複数のボリュームの (6713)
  • 保護データベース項目のグループ作成割り当て量 (7974)
  • 保護データベース項目のプライバシー・フラグ (7985)
  • ACL 項目 (8063)
  • AFS UID および AFS GID のカウンター (8002)
  • AFS UID および AFS GID カウンター (8005)
  • AFS UID カウンターを (8008)
  • AFS user id および max group id カウンター (8003)
  • BOS サーバーの自動再始動時 (6404)
  • cacheinfo ファイル内にデータ・キャッシュのサイズを (7381)
  • cacheinfo ファイル内のディスク・キャッシュ・ロケーション (7371)
  • scout の端末タイプ (7102)
  • ThisCell ファイル (クライアント)、値 (7444)
  • uss によるディレクトリーに対する ACL (7664)
  • uss によるホーム・ディレクトリー上の ACL (7656)
  • uss によるボリューム割り当て量 (7647)
  • VLDB の登録済みサーバー・マシン・インターフェース (6222)
  • 接頭部を持たないグループ
  • 項目参照: グループ (7924)
  • セル (5549)
  • 外部 (5553)
  • 外部でローカルを見ることができるようにする (5663)
  • 外部ユーザーに対するローカル・アクセスの許可 (5674)
  • 外部をローカルで見ることができるようにする (5670)
  • クライアントのカーネル・メモリーの変更リスト (7422)
  • クライアント・マシンのホーム・セルを設定する (7442)
  • 名前
  • 設定 (5650)
  • 選択 (5645)
  • ファイル・ツリーの 2 番目のレベルでの (5660), (5662), (5681)
  • ファイル・スペースの構成 (5676)
  • ローカル (5551)
  • セルラー・マウント・ポイント
  • 「マウント・ポイント」項目を参照 (6552)
  • 選択
  • 名前
  • セル (5646)
  • ユーザー (5729)
  • ユーザー・ボリューム (5733)
  • ユーザー・ボリューム・マウント・ポイント (5735)
  • 相違
  • AFS と UNIX の間の、要約 (5608)
  • 相互認証 (5815)
  • 回避 (6186)
  • サーバー暗号化鍵の役割 (7243)
  • ミスマッチ鍵による障害 (7295)
  • 増分ダンプ
  • バックアップ・システムによる作成 (7013)
  • vos コマンドによる作成 (6763)
  • ソケット
  • パッケージによる作成 (7560)
  • 対応
  • ボリュームとディレクトリーの (5560)
  • タイム・スタンプ
  • バイナリー・ファイルにある、リスト作成 (6110)
  • 対話モード (バックアップ・システム)
  • 機能 (6974)
  • 終了 (6983)
  • 操作
  • 保留/実行中の取り消し (6991)
  • 保留/実行中の表示 (6985)
  • 入る (6980)
  • 対話モード (kas コマンド) (6195)
  • タスク ID 番号 (バックアップ・システム) (6997)
  • ダム端末
  • afsmonitor での使用 (7194)
  • scout プログラムでの使用 (7104)
  • 単純サーバー・プロセス
  • BosConfig ファイルでの定義 (6335)
  • ダンプ
  • 増分ダンプ (7017)
  • ダンプ ID 番号 (7021)
  • データ (7015)
  • トレース・ログの内容 (fstrace) (7181)
  • バックアップ・データベースをテープに (7075)
  • フル・ダンプ (7016)
  • ボリューム
  • 理由 (6761)
  • AFS バックアップ・システムを使用せずに (6754)
  • vos コマンドの使用 (6764)
  • ダンプ (バックアップ・システム)
  • 親、定義 (6809)
  • 初期、定義 (6813)
  • セット (参照: ダンプ・セット) (6814)
  • 増分、定義 (6812)
  • 追加
  • 作成 (7025)
  • 定義 (6810)
  • バックアップ・データベース・レコードの作成 (7024)
  • バックアップ・データベース・レコードの表示 (7029)
  • 付加、定義 (6808)
  • フル、定義 (6811)
  • 名前、説明 (6827)
  • ラベル、説明 (6829)
  • ID 番号、説明 (6826)
  • ID 番号、表示 (7030)
  • ダンプ ID 番号 (バックアップ・システム) (7020)
  • 表示 (7034)
  • ダンプ階層 (バックアップ・システム)
  • 作成 (6894)
  • 説明 (6819)
  • ダンプ・レベル
  • 削除 (6927)
  • 追加 (6912)
  • 定義 (6820)
  • ダンプ・レベルの有効期限日
  • 説明 (6821)
  • 表示 (6932)
  • 有効期限 (6898)
  • ダンプ・レベルの割り当て (6895)
  • 設定 (6915)
  • 変更 (6921)
  • ダンプ・セット (バックアップ・システム)
  • 作成 (7008)
  • 増分ダンプ (7011)
  • 定義 (6815)
  • バックアップ・データベースからの削除 (7085)
  • フル・ダンプ (7010)
  • ダンプ・レベル
  • 定義 (6818)
  • バックアップ・データベースの
  • 削除 (6926)
  • 追加 (6911)
  • 表示 (6933)
  • 有効期限 (6899)
  • 設定 (6916)
  • 変更 (6922)
  • 端末タイプ
  • afsmonitor の設定 (7193)
  • scout プログラムの設定 (7103)
  • チェックサム (7261)
  • 遅延書き込み操作
  • AFS ファイルを NFS クライアントに保管 (8164)
  • 置換する
  • ACL 上のすべての項目 (8077)
  • チケット
  • 項目参照: トークン (5772)
  • チケット授与者 (5819)
  • チケット付与サービス (7245)
  • 追加
  • データベース・サーバー・マシン
  • クライアント CellServDB ファイルとカーネル・メモリーへ (7417)
  • サーバー CellServDB ファイルへの (6145)
  • データベース・サーバー・マシンの CellServDB ファイル (サーバー ) 項目 (6148)
  • 認証データベース項目への ADMIN フラグ (8130)
  • ファイル・サーバー・マシンへのディスクの (6197)
  • メンバーをグループに (7941)
  • ACL 項目
  • 禁止用の許可 (8073)
  • 通常の許可 (8066)
  • KeyFile ファイルのサーバー暗号化鍵 (7275)
  • system:administrators グループ・メンバー (8112)
  • UserList ファイルのユーザー (8150)
  • VLDB の読み取り専用サイトの定義 (6516)
  • 通常グループ
  • 項目参照: グループ> (7923)
  • データ
  • ダンプによる可用性への割り込み (6760)
  • データ収集
  • xstat データ収集機能による (7206)
  • データベース、分散 (5708)
  • 項目参照: 管理データベース (6048)
  • データベース・サーバー・プロセス
  • 開始および停止について (6309)
  • サーバー CellServDB ファイルからの項目削除後の再始動 (6161)
  • サーバー CellServDB ファイルへの項目追加後の再始動 (6150)
  • すべてのデータベース・サーバー・マシン上でのすべての実行に必要な (6059)
  • CellServDB ファイルの使用 (6132)
  • データベース・サーバー・マシン
  • クライアントの情報 (7397)
  • サーバー CellServDB ファイルのリストの表示 (6143)
  • 削除
  • クライアント CellServDB ファイルとカーネル・メモリーから (7420)
  • サーバー CellServDB ファイルからの (6158)
  • 追加
  • クライアント CellServDB ファイルとカーネル・メモリーへ (7419)
  • サーバー CellServDB ファイルへの (6146)
  • 定義 (6016)
  • 保守 (6051)
  • 3 つを実行する理由 (5706)
  • bos status を使った識別 (6035)
  • CellServDB ファイル (クライアント)、表示 (7412)
  • CellServDB ファイル (サーバー) 項目
  • 削除 (6160)
  • 追加 (6149)
  • NetInfo および NetRestrict ファイルの使用 (6220)
  • データベース・ファイル (5963)
  • データ・キャッシュ
  • サイズ
  • 現行、表示 (7372)
  • 推奨 (7350)
  • 次のリブートまでに設定する (7383)
  • リブート時設定、表示 (7368)
  • cacheinfo ファイル内の設定 (7366), (7378)
  • ディスク・キャッシュのロケーションの変更 (7367)
  • ディスク対メモリー (7348)
  • ディスク・キャッシュ・サイズ
  • デフォルト値にリセットする (7389)
  • フラッシュ (更新を強制する) (7449)
  • cacheinfo ファイルで指定されたサイズの表示 (7369)
  • Vn ファイル (7347)
  • テープ (バックアップ・システム)
  • スキャン (7040)
  • 最初の検索 / プロンプトの除去 (6960)
  • 正しい名前の検査の除去 (6967)
  • 取り付けおよび取り外しの自動化 (6955)
  • 名前
  • 説明 (6825)
  • 割り当て (6939)
  • 保存 (6909)
  • 容量
  • 決定 (6839)
  • ラベルへの記録 (6938)
  • ラベル
  • 作成 (6936)
  • 説明 (6828)
  • 表示 (6937)
  • テープ再利用スケジュール (6903)
  • テープ・コーディネーター (バックアップ・システム)
  • エラーに対するデフォルト応答の使用 (6964)
  • 開始 (6999)
  • 構成
  • テープ装置 (6850)
  • マシン (6849)
  • AIX システム (6851)
  • 最初の磁気テープの検索 / プロンプトの除去 (6959)
  • 状況
  • 表示 (7003)
  • 説明 (6832)
  • 装置 構成ファイル (CFG) (6950)
  • タスク ID 番号 (6998)
  • 正しいテープ名の検査の除去 (6968)
  • テープの取り付けおよび取り外しの自動化 (6956)
  • 停止 (7002)
  • バックアップ・データベースからの削除 (6863)
  • バックアップ・データベースへの追加 (6859)
  • ファイル・マーク
  • サイズの決定 (6840)
  • 説明 (6831)
  • プロセス
  • 開始 (6996)
  • ポート・オフセット番号
  • 割り当て (6841)
  • 定義 (6835)
  • 表示 (6865)
  • 割り当てるファイル所有権 (6853)
  • テープ・ラベル
  • useCounts、磁気テープの (6907)
  • 定義
  • サーバー暗号化鍵 (7276)
  • サーバー暗号化鍵、認証データベースにおける (7281)
  • BosConfig ファイルのサーバー・プロセス (6327)
  • uss によるアカウントの均等配布のディレクトリー (7634)
  • VLDB 内の読み取り専用サイト (6515)
  • 停止
  • サーバー・プロセス
  • 永久に (6346), (6354)
  • サーバー・プロセスと即時再始動 (6371)
  • データベース・サーバー・プロセスについて (6315)
  • 定数
  • uss テンプレート・ファイル (7621)
  • ディスク
  • ファイル・サーバー・マシン
  • 削除 (6209)
  • 追加 / インストール (6199)
  • ローカル (参照項目: ローカル・ディスク) (7516)
  • ディスク・パーティション
  • 過密を避けるためのボリュームの移動 (6667)
  • 使用量のモニター (7120)
  • 単一のサイズを表示する (6731)
  • における関連したボリュームのグループ化 (5696)
  • ディレクトリー
  • クライアント・マシン上のキャッシュ・データからのフラッシュ (7452)
  • パッケージによる作成 (7540)
  • サーバー・マシンの /usr/afs/bin (5838)
  • サーバー・マシンの /usr/afs/db (5962)
  • サーバー・マシンの /usr/afs/local (5942)
  • サーバー・マシンの /usr/afs/logs (5984)
  • サーバー・マシンの /vicep (6004)
  • 存在する場合、uss による上書き (7595)
  • ディスク・キャッシュ (7338)
  • ボリュームとの対応 (5559)
  • ユーザー・ホーム・ディレクトリーをグループ化するための (5736)
  • ルート (5566)
  • lost+found (5637)
  • uss によるアカウントの均等配布の定義 (7635)
  • uss による作成 (7661)
  • /afs (5659), (5680)
  • /afs/cellname (5661), (5682)
  • /afs/cell_name 下の規則 (5685)
  • /usr/afs/backup (6856)
  • /usr/afs/etc (5927)
  • /usr/vice/cache (7337)
  • /usr/vice/etc (7309)
  • ディレクトリー (サーバー)
  • /usr/afs/bin (6084)
  • ディレクトリー / ファイル名
  • ボリューム ID 番号への変換 (6654)
  • ボリューム位置への変換 (6660)
  • ボリューム名への変換 (6648)
  • ディレクトリー・レベルのデータ保護 data protection
  • 含意 (8016)
  • 適したボリューム、複写に (6505)
  • デフォルト
  • ボリューム割り当て量 (6464), (6707)
  • ACL (6461)
  • トークン
  • knfs コマンドによる破棄 (8180)
  • knfs コマンドによる表示 (8179)
  • 透過的アクセス、AFS 機能としての (5554)
  • 同期
  • AFS ファイルを NFS クライアントに保管 (8163)
  • 同期サイト (Ubik)
  • 柔軟性 (6071)
  • 定義 (6053)
  • 統計表示、scout プログラムによる (7113)
  • 動的カーネル・ローダー・プログラム
  • ディレクトリー、AFS ライブラリー・ファイル (7332)
  • 特権
  • 項目参照: 管理権限 (8099)
  • afsmonitor プログラムに必要な (7195)
  • backup コマンドに対する権限付与 (8140)
  • bos コマンドに対する権限付与 (8138)
  • fs コマンドに対する権限付与 (8103)
  • fstrace コマンドに必要な (7159)
  • kas コマンドに対する権限付与 (8121)
  • pts コマンドに対する権限付与 (8102)
  • scout プログラムに必要な (7105)
  • uss コマンドに必要な (7582)
  • vos コマンドに対する権限付与 (8139)
  • 特権コマンド (6170)
  • 取り外し
  • ファイル・サーバー・マシン・ディスク (6211)
  • ボリューム (6571), (6736)
  • 取り付け
  • バックアップ・ボリューム (6538)
  • ファイル・サーバー・マシンにあるディスク (6201)
  • ボリューム
  • 一般的説明 (6547)
  • について (6449)
  • ローカル・セルの外部ボリューム (6554)
  • 読み取り専用ボリューム (6507)
  • 読み取り / 書き込みボリューム (6469)
  • トレース・ログ (fstrace)
  • 構成 (7163)
  • 持続 (7157)
  • 状態の表示 (7175)
  • ダンプ (7179)
  • 内容のクリア (7184)
  • 長さの制約事項、ボリューム名の (6455)
  • 名前
  • 保護データベース項目
  • 変更 (7968)
  • 名前変更
  • ボリューム (6775)
  • ユーザー名の変更時のボリューム (7789)
  • ユーザー・アカウント・コンポーネント (7777)
  • 入手
  • ボリューム ID
  • 指定したディレクトリー / ファイル名 (6653)
  • 指定したボリューム名 (6631)
  • ボリューム位置
  • 指定したディレクトリー / ファイル名 (6659)
  • 指定したボリューム名 /ID 番号 (6641)
  • ボリューム名
  • 指定したディレクトリー / ファイル名 (6647)
  • 指定ボリューム ID 番号 (6636)
  • 認証
  • 許可検査と比較した (6169)
  • セキュリティーの改善 (7758)
  • 度重なる失敗の結果 (5794)
  • UNIX とは別の AFS (5750)
  • UNIX と比較した AFS (5610)
  • 認証サーバー
  • 開始および停止について (6310)
  • サーバー CellServDB ファイルからの項目削除後の再始動 (6163)
  • サーバー CellServDB ファイルへの項目追加後の再始動 (6152)
  • 接触する時期 (6269)
  • 説明 (5583)
  • データベース・サーバー・マシンで実行する (6019)
  • ログ・ファイルの表示 (6417)
  • kaserver プロセスとして (6267)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5869)
  • 認証済みの識別
  • klog コマンドを使った獲得 (5774)
  • 認証データベース
  • 項目
  • 削除 (7803)
  • kas create コマンドによる作成 (7744)
  • uss による作成 (7707)
  • uss による削除 (7718)
  • サーバー暗号化鍵
  • 設定 (7280)
  • 表示 (7269)
  • サイト、AFS サーバー暗号化鍵の (7256)
  • パスワード
  • 設定 (7772)
  • パスワードの存続時間、設定 (5789)
  • パスワードの存続時間の設定 (7767)
  • ユーザー名の変更 (7779)
  • afs 項目 (7257)
  • 認証データベース項目内の ADMIN フラグ
  • 設定または削除 (8129)
  • 特権の結果 (8119)
  • 表示 (8123)
  • ネットワーク
  • キャッシングによるトラフィックの削減 (5573)
  • コンピューティング環境としての (5536)
  • 定義 (5535)
  • AFS における暗号化された通信 (5810)
  • ネットワーク・タイム・プロトコル・デーモン
  • (参照項目: NTPD) (5875)
  • パーソナル
  • コンピューティング環境 (5539)
  • ワークステーション
  • 一般的な AFS マシンとしての (5548)
  • パーティション
  • すべてのボリュームのサルベージ (6703)
  • 復元、バックアップ・システムを使用した
  • 同じ位置への (7066)
  • 新規位置への (7067)
  • 復元、バックアップ・システムを使用した内容の (7047)
  • AFS ボリュームを収容する (6006)
  • ハード・リンク
  • 存在する場合、uss による上書き (7597)
  • AFS 制約事項 (5639)
  • uss による作成 (7683)
  • 廃棄
  • tokens (5777)
  • バイナリー配布マシン
  • 定義 (6022)
  • bos status を使った識別 (6041)
  • 入る
  • kas 対話モード (6194)
  • 破壊
  • 症状およびタイプ (6697)
  • パス名の at-sys (@sys) 変数 (5723)
  • パス名の sys (@sys) 変数 (5724)
  • パスワード
  • 再利用の制限 (5790)
  • セキュリティーの改善 (7757)
  • 存続時間 (5786)
  • 度重なる認証試行の失敗の結果 (5791)
  • 認証データベースで設定 (7770)
  • 品質検査 (5795)
  • 有効期限 (5785)
  • ローカル・パスワード・ファイル (5763)
  • ローカル・パスワード・ファイルの設定
  • 手動によるアカウントの作成 (7735)
  • uss による (7605)
  • AFS での変更 (5780)
  • UNIX と比較した AFS (5611)
  • パスワード・ファイル
  • 項目参照: ローカル・パスワード・ファイル (7611)
  • バックアップ
  • 管理データベース (6077)
  • バックアップ・データベースをテープに (7076)
  • AFS ボリュームのデータ (7014)
  • バックアップ・サーバー
  • 開始および停止について (6313)
  • サーバー CellServDB ファイルからの項目削除後の再始動 (6165)
  • サーバー CellServDB ファイルへの項目追加後の再始動 (6154)
  • 接触する時期 (6253)
  • 説明 (5602)
  • データベース・サーバー・マシンで実行する (6018)
  • ログ・ファイルの表示 (6418)
  • buserver プロセスとして (6251)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5855)
  • バックアップ・システム
  • インターフェース (6969)
  • エラーに対するデフォルト応答の使用 (6963)
  • 外部セル内での実行 (6972)
  • 概要 (6800)
  • 効率改善のための提案 (7018)
  • 構成の概説 (6838)
  • 最初の磁気テープの検索 / プロンプトの除去 (6958)
  • ジョブ ID 番号
  • について (6976)
  • 表示 (6987)
  • 正規表現 (6870)
  • 操作員介入の削減 (6947)
  • 操作の自動化 (6946)
  • 対話モード (6973)
  • 操作の取り消し (6992)
  • 保留/実行中操作の表示 (6986)
  • 正しいテープ名の検査の除去 (6966)
  • ダンプ (参照: ダンプ) (6806)
  • ダンプ ID 番号
  • ダンプ操作における割り当て (7022)
  • ダンプ ID 番号 (参照: ダンプ) (6824)
  • ダンプ、フルおよび増分定義 (7009)
  • ダンプ階層 (参照: ダンプ階層) (6816)
  • ダンプ操作、概説 (7019)
  • ダンプ名 (参照: ダンプ) (6822)
  • ダンプ履歴
  • テープからの回復 (7041)
  • ダンプ・セット (参照: ダンプ・セット) (6807)
  • ダンプ・レコード
  • 削除 (7086)
  • ダンプ・レベル (参照: ダンプ階層) (6817)
  • データ
  • 回復 (7051)
  • バックアップ / ダンプ (7007)
  • 復元 (7050)
  • テープの再利用スケジュール (6902)
  • テープのスキャン (7039)
  • テープの取り付けおよび取り外しの自動化 (6954)
  • テープ名 (参照: テープ) (6823)
  • テープ・コーディネーター (参照: テープ・コーディネーター) (6833)
  • バックアップ・サーバーの説明 (5601)
  • バックアップ・データベース (参照: バックアップ・データベース) (6837)
  • ファイル・マーク (参照: テープ・コーディネーター) (6830)
  • 復元
  • データ (7049)
  • データ指定の (7053)
  • バックアップ・データ (7058)
  • バックアップしたデータ (7057)
  • フル (7052)
  • ボリューム項目 (参照: ボリューム項目) (6805)
  • ボリューム・セット (参照: ボリューム・セット) (6804)
  • ボリューム・ダンプ履歴
  • テープからの回復 (7043)
  • ポート・項目 (参照: テープ・コーディネーター) (6834)
  • useCount カウンター、磁気テープ・ラベルの (6905)
  • バックアップ・データベース
  • 管理 (7072)
  • 整合性の検査 (7078)
  • 説明 (6836)
  • ダンプ ID 番号、表示 (7033)
  • ダンプ階層
  • 表示 (6930)
  • ダンプ・レコード
  • ダンプ操作における作成 (7023)
  • 表示 (7028)
  • ダンプ・レベル
  • 削除 (6925)
  • 追加 (6910)
  • 表示 (6931)
  • テープ・コーディネーター
  • 項目の削除 (6864)
  • 項目の追加 (6860)
  • バックアップ (7074)
  • 復元 (7073)
  • ポート・オフセット番号
  • 表示 (6866)
  • ボリューム項目
  • 作成 (6876)
  • 表示 (6880)
  • ボリューム・セットからの削除 (6889)
  • ボリューム・セット
  • 作成 (6871)
  • 削除 (6885)
  • 表示 (6879)
  • ボリューム・ダンプ履歴
  • テープからの回復 (7042)
  • 表示 (7035)
  • 有効期限 (6897)
  • 設定 (6914)
  • 変更 (6920)
  • バックアップ・ボリューム
  • 移動 (6675)
  • 移動による除去 (6673)
  • 作成 (6528)
  • 作成の自動化 (6533)
  • 作成のための推奨するスケジュール (6535)
  • スペース保管の性質 (6476)
  • ダンプ (6758)
  • 定義 (6430)
  • 取り付け (6539)
  • 名前の変更 (6781)
  • 複数を同時に作成する (6531)
  • ボリューム・ヘッダーの ID 番号 (6606)
  • 読み取り / 書き込みの取り外しによる除去 (6740)
  • パッケージ
  • クライアントを更新するために (7425)
  • 構成ファイル (7523)
  • 構成ファイルの B 命令 (7550)
  • 構成ファイルの C 命令 (7554)
  • 構成ファイルの D 命令 (7538)
  • 構成ファイルの F 命令 (7542)
  • 構成ファイルの L 命令 (7546)
  • 構成ファイルの S 命令 (7558)
  • 構成ファイルのキャラクター型スペシャル・デバイスの定義 (7555)
  • 構成ファイルのシンボリック・リンクの定義 (7547)
  • 構成ファイルのソケットの定義 (7559)
  • 構成ファイルのディレクトリー定義 (7539)
  • 構成ファイルのファイルの定義 file (7543)
  • 構成ファイルのブロック・スペシャル・デバイスの定義 (7551)
  • 構成ファイル命令 (7535)
  • サンプル・プロトタイプ・ファイル (7526)
  • サンプル・ライブラリー・ファイル (7531)
  • 実行するためにクライアントを変更 (7574)
  • ディレクトリー構造 (7525)
  • プロトタイプ・ファイル (7518)
  • プロトタイプ・ファイルおよびライブラリー・ファイルの構成 (7561)
  • プロトタイプ・ファイルのコンパイル (7522), (7571)
  • プロトタイプ・ファイルを作成する (7520), (7533)
  • ライブラリー・ファイル (7529)
  • MAKE ファイルを変更する (7567)
  • Makefile (7564)
  • パッケージないのプロトタイプ・ファイル
  • 構成 (7562)
  • 作成する (7521)
  • について (7519)
  • (7527)
  • パッケージないのライブラリー・ファイル (7528)
  • 構成 (7563)
  • (7532)
  • パッケージ用 Makefile (7565)
  • 変更 (7568)
  • パッケージ・ディレクトリー (7572)
  • パフォーマンスの減速
  • AFS で回避する (5574)
  • バリエーション、可能な
  • 複写の (6509)
  • 番号変数
  • uss テンプレート・ファイル (7625)
  • 反転表示
  • scout プログラムの表示における (7129)
  • 日付
  • バイナリー・ファイルにある、リスト作成 (6111)
  • 日付指定の復元 (7055)
  • 非同期
  • AFS ファイルを NFS クライアントに保管 (8162)
  • 非同期化、VLDB/ ボリューム・ヘッダーの
  • 症状 (6684)
  • 定着 (6688)
  • 表示
  • イベント・セットの状態 (fstrace) (7172)
  • グループ・メンバー (7874)
  • サーバー CellServDB ファイルにあるデータベース・サーバー・マシン (6144)
  • サーバー・プロセスの状況 (6317)
  • サーバー・プロセスのログ・ファイル (6408)
  • 磁気テープ・ラベル (バックアップ・システム) (6941)
  • データ・キャッシュ・サイズ
  • リブート時の設定 (7364)
  • cacheinfo ファイルに指定 (7365)
  • データ・キャッシュ・サイズ、現行 (7375)
  • ディスク・パーティション・サイズ (6730)
  • トレース・ログの状態 (fstrace) (7176)
  • トレース・ログの内容 (fstrace) (7180)
  • 認証データベース項目内の ADMIN フラグ (8124)
  • 認証データベースのサーバー暗号化鍵 (7270)
  • バイナリー・ファイルのタイム・スタンプ (6113)
  • ファイル・サーバー・マシンに対するキャッシュ・マネージャーのプリファレンス・ランク (7466)
  • ファイル・サーバーに登録されているクライアント・インターフェース (7480)
  • 保護データベース記入項目にメンバーシップ件数を (7836)
  • 保護データベース項目 (7832)
  • 保護データベース項目 (すべて) (7890)
  • 保護データベース項目のグループ作成割り当て量 (7837)
  • 保護データベース項目のプライバシー・フラグ (7835)
  • 保護データベースの記入項目の作成者を (7834), (7892)
  • 保護データベースの記入項目の所有者を (7833), (7891)
  • ボリュームの VLDB 項目 (6577)
  • ボリューム情報 (6575)
  • ボリューム割り当て量
  • 使用されるパーセント (6719)
  • ボリューム&パーティション情報 (6727)
  • ボリューム・サイズによる (6723)
  • ボリューム・サイズ (6725), (6728)
  • ボリューム・ヘッダー (6593)
  • VLDB 項目 (6625)
  • ボリューム・ヘッダーによる VLDB 項目 (6622)
  • マウント・ポイント (6555), (6556)
  • ユーザーまたはグループにより所有されるグループ (7883)
  • ユーザーまたはマシンが属しているグループ (7873)
  • ACL 項目 (8055)
  • AFS UID および AFS GID のカウンター (7998)
  • AFS user id および max group id カウンター (7999)
  • BOS サーバーの自動再始動時 (6401)
  • BosConfig ファイルの項目 (6320)
  • CellServDB ファイル (クライアント) (7411)
  • CellServDB ファイル (サーバー) (6142)
  • KeyFile ファイル (7264)
  • KeyFile ファイル内のサーバー暗号化鍵 (7266)
  • system:administrators グループ・メンバー (8108)
  • UserList ファイル (8146)
  • VLDB からのサーバー項目 (6224)
  • VLDB サーバー項目 (6225)
  • VLDB 項目
  • ボリューム・ヘッダー (6621)
  • VLDB 項目によるボリューム・ヘッダー (6626)
  • 表示レイアウト、scout プログラム・ウィンドウの (7109)
  • ファイル
  • クライアント・マシン上のキャッシュ・データからのフラッシュ (7451)
  • クライアント・マシン・ローカル・ディスクで必要な (5721)
  • グローバル CellServDB (5666)
  • サーバー構成、/usr/afs/etc ディレクトリーにある (5928)
  • 新規のユーザー・アカウントでの標準ファイルの作成 (5738)
  • 存在する場合、uss による上書き (7596)
  • パッケージ Makefile (7566)
  • パッケージによる作成 (7544)
  • ファイル・システム登録 (fstab) (6204)
  • ログ・ファイルの表示 (6409)
  • AFS ライブラリー、動的・カーネル・ローダー・プログラムが使用する (7333)
  • AFS 初期設定スクリプト (7329)
  • afsd (7315)
  • afszcm.cat (7335)
  • AuthLog (5990)
  • backup コマンド・バイナリー (5840)
  • BackupLog (5992)
  • bdb.DB0 (5967)
  • bdb.DBSYS1 (5969)
  • bos コマンド・バイナリー (5842)
  • BosConfig (5946), (6291)
  • BosLog (5994)
  • bosserver バイナリー (5846)
  • buserver (5852)
  • cacheinfo (7318)
  • CacheItems (7342)
  • CellServDB (クライアント) (7321)
  • CellServDB (サーバー) (5933), (6131)
  • CellServDB ファイル (クライアント) (7396)
  • CellServDB.local (5668)
  • CFG_<device_name> (6949)
  • exports (8170)
  • FileLog (5995)
  • fileserver (5858)
  • fms.log (6845)
  • FORCESALVAGE (6011)
  • kas コマンド・バイナリー (5862)
  • kaserver バイナリー・ファイル (5866)
  • kaserver.DB0 (5971)
  • kaserver.DBSYS1 (5973)
  • KeyFile (5935)
  • NetInfo (クライアント・バージョン) (7323), (7481)
  • NetInfo (サーバー・バージョン) (5948)
  • NetRestrict (クライアント・バージョン) (7325), (7485)
  • NetRestrict (サーバー・バージョン) (5950)
  • NoAuth (5952)
  • ntpd (5871)
  • ntpdc (5877)
  • prdb.DB0 (5975)
  • prdb.DBSYS1 (5977)
  • pts コマンド・バイナリー (5879)
  • ptserver バイナリー (5883)
  • runntp (5889)
  • SALVAGE.fs (5954)
  • salvage.lock (5956)
  • SalvageLog (5997)
  • salvager (5893)
  • sysid (5958)
  • tapeconfig (6842)
  • ThisCell (クライアント) (7327)
  • ThisCell (サーバー) (5938)
  • udebug (5898)
  • upclient (5903)
  • upserver (5909)
  • UserList (5940)
  • uss による作成 (7669), (7675)
  • V.vol_ID.vol (6009)
  • vldb.DB0 (5979)
  • vldb.DBSYS1 (5981)
  • VLLog (6000)
  • vlserver (5913)
  • Vn (7345)
  • VolserLog (6002)
  • volserver (5920)
  • VolumeItems (7343)
  • vos コマンド・バイナリー (5924)
  • /usr/afs/etc/KeyFile (7253)
  • ファイル拡張子
  • .BAK (6091)
  • .OLD (6092)
  • ファイル・サーバー
  • 接触する時期 (6261)
  • 説明 (5579)
  • データ収集、xstat データ収集機能による (7208)
  • 登録されているクライアント・インターフェース (7478)
  • 保護サーバーから要求される CPS (7819)
  • ログ・ファイルの表示 (6420)
  • fs プロセスの一部として (6257), (6296)
  • NetInfo ファイルの使用 (6216)
  • NetRestrict ファイルの使用 (6217)
  • scout プログラムによるモニター (7133)
  • sysid ファイルの使用 (6218)
  • VLDB サーバー項目の登録済みインターフェース (6221)
  • VLDB の登録済みインターフェース
  • sysid ファイルにリスト (5959)
  • xstat のサンプル・コマンド (7227)
  • xstat データ収集 (7216)
  • xstat データ収集機能ライブラリー (7210)
  • xstat_fs_test サンプル・コマンド (7231)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5861)
  • ファイル・サーバーのプローブ間隔
  • クライアント・マシンの設定 (7437)
  • ファイル・サーバー・マシン (5545)
  • キャッシュ・マネージャーのプリファレンス・ランク (7465)
  • コマンドおよびプロセスのバイナリーのインストール (6089)
  • 障害のモニター (7134)
  • ディスク
  • 削除 (6210)
  • 追加 / インストール (6200)
  • パーティション、命名 (6007)
  • 復元、バックアップ・システムを使用したパーティションの (7048)
  • ボリュームのサルベージ (6701)
  • リブート、について (5713)
  • ログ・ファイルの表示 (6405)
  • /usr/afs/db にあるデータベース・ファイル (5966)
  • /usr/afs/local にある構成ファイル (5944)
  • /usr/afs/logs のコア・ファイル (5985)
  • /usr/afs/logs のログ・ファイル (5986)
  • ファイル・システム
  • 活動のモニター (7096)
  • 定義 (5540)
  • salvager (参照項目: サルベージャー) (6260)
  • ファイル・システム登録ファイル
  • ファイル・サーバー・マシンからディスクの除去 (6215)
  • ファイル・サーバー・マシンへの新規ディスクの追加 (6205)
  • ファイル・ストーレッジ
  • パーティションのクラウディングによる障害 (6671)
  • ファイル・ツリー
  • 規則
  • 構成のための (5678)
  • 3 番目のレベル (5684)
  • 上位レベルのディレクトリーを突き合わせるためのボリュームの作成 (5689)
  • ファイル・データの保護
  • 参照: ACL (8011)
  • AFS と UFS ACL との比較 (8012)
  • AFS と UFSACL との比較 (8014)
  • 復元
  • 管理データベース (6079)
  • 既存データ
  • 上書き (7059)
  • 保存 (7061)
  • データ
  • 存在しない (7063)
  • データの、バックアップ・システムを使用した (7056)
  • バックアップ・データベース、テープから (7077)
  • 管理データベース (6079)
  • 既存データ
  • 上書き (7059)
  • 保存 (7061)
  • AFS バックアップ・システムを使用しないボリューム (6768)
  • VLDB およびボリューム・ヘッダーの同時性 (6687)
  • 複写
  • 可能なバリエーション (6510)
  • サイト定義のステージ (6486)
  • 詳細説明 (6477)
  • 新規の複製を強制的に作成する (6500)
  • 成功したかどうかの判別 (6489)
  • 定義 (5569), (6434)
  • 適切なボリューム (5697)
  • 二者択一のリリースの必要性 (6491)
  • ボリュームの適切なタイプ (6504)
  • リリース・ステージ (6488)
  • ReleaseClone の役割 (6496)
  • 複写済みのデータベース・ファイル (5964)
  • 複製 (5570), (6474)
  • 新規の作成を強制する (6499)
  • 定義 (6473)
  • バックアップのための (6525)
  • 複写のための (6482)
  • 復帰
  • 古いバージョンのサーバー・プロセスおよびコマンドのバイナリーへの (6099)
  • フラッシュ
  • クライアント・マシン上のキャッシュ・データ (7448)
  • プリビュー
  • uss によるユーザー・アカウントの作成または削除 (7585)
  • プリファレンス
  • 設定 (7474)
  • 古いリリース・サイト・フラグ、VLDBの
  • 失敗した複写のインディケーターとして (6498)
  • フル復元 (7054)
  • フル・ダンプ (7012)
  • vos コマンドによる作成 (6762)
  • プログラム
  • afsd (7317)
  • bosserver (5847)
  • buserver (5853)
  • fileserver (5859)
  • kaserver (5867)
  • ntpd (5872)
  • ntpdc (5878)
  • ptserver (5884)
  • runntp (5890)
  • salvager (5894)
  • udebug (5900)
  • upclient (5904)
  • upserver (5910)
  • vlserver (5914)
  • volserver (5921)
  • プロセス
  • 更新サーバー、/usr/afs/bin にあるバイナリー (5905)
  • サルベージャー、/usr/afs/bin にあるバイナリー (5895)
  • 認証サーバー /usr/afs/bin にあるバイナリー (5868)
  • バックアップ・サーバー、/usr/afs/bin にあるバイナリー (5854)
  • ファイル・サーバー、/usr/afs/bin にあるバイナリー (5860)
  • 保護サーバー、/usr/afs/bin にあるバイナリー (5885)
  • ボリューム・サーバー、/usr/afs/bin にあるバイナリー (5922)
  • BOS サーバー、/usr/afs/bin にあるバイナリー (5848)
  • BosConfig ファイルの状況フラグ (6304)
  • lightweight Ubik (6063)
  • NTPD、/usr/afs/bin にあるバイナリー (5873)
  • VL サーバー、/usr/afs/bin にあるバイナリー (5915)
  • プロセスとの接触
  • 更新サーバー (6284)
  • サルベージャー (6266)
  • 認証サーバー (6270)
  • バックアップ・サーバー (6254)
  • ファイル・サーバー (6262)
  • 保護サーバー (6274)
  • ボリューム・サーバー (6264)
  • BOS サーバー (6249)
  • NTPD (6279)
  • VL サーバー (6288)
  • プロセス認証グループ
  • 項目参照: PAG (5759)
  • ブロック・スペシャル・デバイス
  • パッケージによる作成 (7552)
  • 分散
  • データベースの (5707), (6047)
  • CellServDB ファイル (サーバー) (6137)
  • 分散データベース (5709)
  • 項目参照: 管理データベース (6049)
  • 分散ファイル・システム (5541)
  • セキュリティー発行 (5816)
  • 変換
  • 既存の UNIX アカウントを AFS アカウントに
  • 手動によるアカウントの作成 (7737)
  • uss による (7613)
  • ディレクトリー / ファイル名をボリューム ID 番号へ (6652)
  • ディレクトリー / ファイル名をボリューム位置へ (6658)
  • ディレクトリー / ファイル名をボリューム名へ (6646)
  • ボリューム ID 番号からボリューム名へ (6635)
  • ボリューム位置に対するボリューム名 /ID 番号 (6640)
  • ボリューム名から ID 番号へ (6630)
  • 変換プログラム
  • NFS/AFS (8158)
  • 変更
  • グループ作成割り当て量 (7979)
  • グループ所有権を自己所有に (7940)
  • ディスク・キャッシュ・サイズをデフォルト値に (7390)
  • ディスク・キャッシュ・ロケーション、cacheinfo ファイル内の (7359)
  • パッケージ Makefile (7569)
  • パッケージを実行するためにクライアントを (7575)
  • 保護データベース項目
  • 所有者 (7962)
  • 名前 (7967)
  • ボリューム名 (6777)
  • ユーザーの名前変更時のボリューム名 (7790)
  • ユーザーの名前変更のマウント・ポイント (7795)
  • ユーザー名 (7776)
  • 一時的なデータ・キャッシュ・サイズ (7384)
  • ACL 項目 (8062)
  • cacheinfo ファイル内で指定されたデータ・キャッシュ・サイズ (7358)
  • 編集
  • NetInfo ファイル (クライアント・バージョン) (7484)
  • NetInfo ファイル (サーバー・バージョン) (6229)
  • NetRestrict ファイル (クライアント・バージョン) (7488)
  • NetRestrict ファイル (サーバー・バージョン) (6232)
  • 変数
  • パス名の @sys (5725)
  • AFSCELL (6971)
  • uss テンプレート・ファイル内の (7623)
  • 保管
  • サーバー・バイナリーの直前のバージョン (6095)
  • 保護
  • AFS での (5588)
  • UNIX での (5590)
  • UNIX と比較した AFS (5609)
  • 保護サーバー
  • 開始および停止について (6311)
  • サーバー CellServDB ファイルからの項目削除後の再始動 (6162)
  • サーバー CellServDB ファイルへの項目追加後の再始動 (6151)
  • 接触する時期 (6273)
  • 説明 (5589)
  • データベース・サーバー・マシンで実行する (6020)
  • CPS を構築 (7818)
  • ptserver プロセスとして (6271)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5886)
  • 保護データベース (5593)
  • グループ項目 (7825)
  • すべてを表示 (7893)
  • 表示 (7839)
  • グループ項目、作成 (7917)
  • グループ作成割り当て量
  • 設定 (7975), (7977)
  • 表示 (7845)
  • 項目、削除 (7956)
  • 項目の作成者
  • すべてを表示 (7897)
  • 表示 (7843)
  • 項目の所有者
  • すべてを表示 (7896)
  • 表示 (7842)
  • 変更 (7964)
  • 項目名
  • 変更 (7969)
  • 設定
  • AFS UID のカウンター (8006)
  • プライバシー・フラグ
  • 設定 (7987)
  • 表示 (7844)
  • マシン項目
  • すべてを表示 (7894)
  • 表示 (7840)
  • マシン項目、作成 (7909)
  • マシン項目、説明 (7823)
  • メンバーシップ件数
  • 表示 (7838)
  • ユーザー項目
  • 削除 (7814)
  • すべてを表示 (7895)
  • 表示 (7841)
  • pts createuser コマンドによる作成 (7743)
  • uss による作成 (7706)
  • uss による削除 (7717)
  • ユーザー項目、説明 (7820)
  • ユーザー名の変更 (7778)
  • ID カウンター、設定 (8004)
  • max user id および max group id カウンター、表示および設定 (7991)
  • 保護データベース項目のプライバシー・フラグ (5744)
  • 保護データベース項目のプライバシー・フラグ
  • 設定 (7986)
  • 表示 (7855)
  • 保守
  • ボリューム・ヘッダーによる VLDB の同期性 (6444)
  • CellServDB ファイル (クライアント) (7406)
  • 保存
  • 磁気テープをバックアップ・システムに (6908)
  • ボリューム
  • 位置 (ボリューム位置の項目を参照) (6662)
  • 移動 (6666)
  • 上書き、バックアップ・システム復元内容の (7060)
  • 同じ区分上で関連したもののグループ化 (5695)
  • クライアント・マシン上のキャッシュ・データからのフラッシュ (7453)
  • 効率の利点 (6431)
  • 項目、VLDB の (6437)
  • サイトの定義 (6429)
  • サイズ、表示 (6726)
  • 削除
  • 基本命令 (6734)
  • 代替コマンド (6742)
  • ユーザー・アカウントの削除時 (7806)
  • サルベージ (6696)
  • 上位のディレクトリーごとに異なる (5688)
  • 情報の表示 (6576)
  • 多数のバックアップ・バージョンを同時に作成 (6530)
  • 単位としての
  • バックアップ (5562)
  • 複写 (5561)
  • リソース管理 (5563)
  • 定義 (5556), (6425)
  • ディレクトリーとの対応 (5558)
  • 取り付け (5568)
  • について (6448)
  • 複数回 (6453)
  • 名前 (ボリューム名の項目を参照) (6454)
  • 名前変更 (6776)
  • 破壊の症状 (6699)
  • バックアップ (バックアップ・ボリュームの項目を参照) (6527)
  • バックアップ・システムを使用したバックアップ (7006)
  • バックアップ・システム・ダンプ履歴、表示 (7036)
  • バックアップ・バージョン作成の自動化 (6534)
  • バックアップ・ユニットとして (6435)
  • 復元
  • バックアップ・システムの使用 (7046)
  • vos restore コマンドの使用 (6767)
  • 複写 (6478)
  • 複写するタイプ (5698)
  • 複写ユニットとして (6433)
  • 複写を配置する場所 (5699)
  • ヘッダー (ボリューム・ヘッダーの項目を参照) (6439)
  • ヘッダーのアクセス数カウンター (6619)
  • 保存、バックアップ・システム復元内容の (7062)
  • ボリューム・ヘッダーの最終更新日 (6617)
  • ボリューム・ヘッダーの作成日 (6615)
  • ルート (root.afs および root.cell) (5693)
  • ルート・ディレクトリー (5567)
  • ロード・バランシングの (5557)
  • 読み取り / 書き込み (読み取り / 書き込みボリュームの項目を参照) (6459)
  • 読み取り専用 (読み取り専用ボリュームの項目を参照) (6479)
  • 割り当て量 (参照: ボリューム割り当て量) (6706)
  • ロード・バランシングの (6432)
  • AFS バックアップ・システムを使用せずにダンプする (6755)
  • VLDB およびボリューム・ヘッダーの同期化 (6680)
  • uss による作成 (7640)
  • ボリューム ID 番号
  • ディレクトリー / ファイル名からの入手 (6655)
  • 入手
  • ボリューム名から (6633)
  • 変換
  • ボリューム位置へ (6643)
  • ボリューム名へ (6638)
  • ボリューム位置
  • ディレクトリー / ファイル名からの入手 (6661)
  • ボリューム名 /ID 番号からの入手 (6644)
  • ボリューム項目 (バックアップ・システム)
  • 作成 (6875)
  • 削除 (6891)
  • 定義 (6803)
  • 表示 (6882)
  • ボリューム項目 (VLDB)
  • 表示 (6579)
  • ボリュームのタイプ・フラグ
  • ボリューム・ヘッダー (6597)
  • ボリュームのタイプ・フラグ
  • VLDB 項目 (6585)
  • ボリューム複写のステージ (6484)
  • ボリューム名
  • 規則 (5686), (6457)
  • 制約事項 (5690)
  • 入手
  • ディレクトリー / ファイル名から (6649)
  • ボリューム ID 番号から (6637)
  • 変換
  • ボリューム ID 番号へ (6632)
  • ボリューム位置へ (6642)
  • 変更
  • 基本命令 (6778)
  • ユーザーの名前変更時 (7788)
  • 2 つの必須の (5692)
  • ボリューム割り当て量
  • 新規ボリュームのデフォルト (6463)
  • 設定
  • 単一ボリュームの (6710)
  • 複数のボリュームの (6714)
  • uss による (7645)
  • 表示
  • 使用されるパーセント (6720)
  • ボリューム&パーティション情報 (6729)
  • ボリューム・サイズによる (6724)
  • ボリューム・ヘッダーに記録された (6612)
  • ボリューム・サーバー
  • 接触する時期 (6263)
  • 説明 (5594)
  • ログ・ファイルの表示 (6422)
  • fs プロセスの一部として (6258), (6297)
  • VLDB/ ボリューム・ヘッダーの同期の役割 (6446)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5923)
  • ボリューム・セット (バックアップ・システム)
  • 作成 (6872)
  • 削除 (6886)
  • 定義 (6801)
  • ボリューム項目 (参照: ボリューム項目) (6802)
  • ボリューム項目の削除 (6890)
  • 表示 (6881)
  • ボリューム・ヘッダー
  • について (6440)
  • 表示
  • のみ (6594)
  • VLDB 項目 (6627)
  • VLDB による同期化 (6443), (6679)
  • /vicep ディレクトリーの (6005)
  • ボリューム・ヘッダー内の状況フラグ (6598)
  • ボリューム・ヘッダーの MaxQuota フィールド (6613)
  • ボリューム・ヘッダーの RClone フィールド (6611)
  • ボリューム・ヘッダーの ROnly フィールド (6609)
  • ボリューム・ヘッダーの RWrite フィールド (6608)
  • ボリューム・ヘッダーのオフライン状況フラグ (6600)
  • ボリューム・ヘッダーのオンライン状況フラグ (6599)
  • ボリューム・ヘッダーのサルベージ状況フラグが必要 (6601)
  • ボリューム・ヘッダーのバックアップ・フィールド (6610)
  • ボリューム・ロケーション・サーバー
  • (参照項目: VL サーバー) (5917)
  • マウント・ポイント
  • クライアント・マシン上のキャッシュ・データからのフラッシュ (7454)
  • 異なるタイプの識別 (6558)
  • 削除 (6572), (6737)
  • 正規
  • 作成 (6563)
  • 説明 (6549)
  • セルラー
  • 作成 (6569)
  • 説明 (6553)
  • セルラーの作成 (6568)
  • 定義 (5564), (6447)
  • 表示 (6557)
  • ボリュームごとに複数を作成 (6452)
  • ユーザーの名前変更時に変更 (7793)
  • ユーザー・アカウントの削除時に削除 (7810)
  • ユーザー・ボリュームの名前の選択 (5734)
  • 読み取り / 書き込み
  • 作成 (6564)
  • 説明 (6551)
  • 読み取り / 書き込みまたは正規の作成 (6562)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5923)
  • マシン
  • グループから削除する (7952)
  • グループに追加する (7945)
  • グループ・メンバーシップ
  • 番号を表示する (7860)
  • グループ・メンバーシップ、表示する (7878)
  • 保護データベース記入項目、作成 (7911)
  • 保護データベース項目
  • 削除 (7959)
  • すべてを表示 (7904)
  • 表示 (7861)
  • 名前、変更 (7971)
  • 保護データベース項目、説明 (7822)
  • 保護データベース項目のプライバシー・フラグ
  • 設定 (7984)
  • 表示 (7862)
  • AFS UID、割り当て (7912)
  • マッピング
  • グループ名を AFS GID に (7849)
  • マシン名を AFS UID に (7848)
  • ユーザー名を AFS UID に (7847)
  • AFS ID をグループ、マシン、またはユーザー名に (7846)
  • 未定義の ACL アクセス権 (8034)
  • メインフレーム
  • コンピューティング環境 (5538)
  • メッセージ行、scout プログラムの表示 (7125)
  • メンバー
  • グループ、削除 (7950)
  • グループ、追加する (7943)
  • グループ、表示する (7854), (7879)
  • メンバーシップ
  • システム・グループ (7828)
  • モード・ビット (UNIX)
  • AFS での解釈 (8097)
  • モニター
  • キャッシュ・マネージャーのパフォーマンス (7093)
  • キャッシュ・マネージャー・プロセスの、 afsmonitor を使用した (7092)
  • サーバー・プロセス (6242)
  • 障害、scout プログラムによる (7132)
  • ディスク使用量、scout プログラムによる (7121)
  • ファイル・サーバー・プロセスの、afsmonitor を使用した (7091)
  • ファイル・サーバー・プロセスの、scout を使用した (7090)
  • ユーザー
  • アカウント (項目参照 : ユーザー・アカウント) (7580), (7701)
  • グループから削除する (7951)
  • グループ作成割り当て量
  • 設定 (7978)
  • 表示 (7864)
  • グループに追加する (7944)
  • グループ・メンバーシップ
  • 番号を表示する (7867)
  • グループ・メンバーシップ、表示する (7877)
  • 所有されるグループ、表示する (7886)
  • 名前 (項目参照: ユーザー名) (5728)
  • 保護データベース項目
  • 削除 (7958)
  • すべてを表示 (7905)
  • 表示 (7865)
  • 保護データベース項目、説明 (7821)
  • 保護データベース項目のプライバシー・フラグ
  • 設定 (7983)
  • 表示 (7866)
  • AFS UID、割り当て (7710), (7747)
  • ユーザー名
  • ケルベロスによる使用 (5585)
  • 選択 (5727)
  • 変更 (7775)
  • ボリューム名の一部 (5732)
  • 割り当て
  • pts createuser コマンドによる (7745)
  • uss による (7703)
  • ユーザー・アカウント
  • 多くを同時に作成または削除 (7723)
  • グループ化するためのメソッド (7652)
  • コンポーネント (7579)
  • システムから削除 (7800)
  • 既存の UNIX を AFS に変換
  • 手動によるアカウントの作成 (7738)
  • uss による (7614)
  • 構成に関する考慮事項 (5726)
  • 作成
  • 個別コマンドによる (7740)
  • 標準ファイル (5739)
  • uss による (7614)
  • 作成と削除のための 2 つのメソッド (7578)
  • 作成または削除する uss コマンド
  • プリビュー (7586)
  • ホーム・ディレクトリーをグループ化するための提案 (5737)
  • AFS と UNIX UID の一致 (7601)
  • uss 使用の検出
  • プリビュー (7588)
  • uss 使用の作成
  • プリビュー (7587)
  • uss による削除 (7714)
  • uss によるさまざまなタイプの作成 (7619)
  • 有効期限 (6896)
  • 絶対 (6900)
  • 設定 (6913)
  • 相対 (6901)
  • 変更 (6919)
  • 要件
  • scout プログラム (7099)
  • 読み取り / 書き込みボリューム
  • 移動 (6672)
  • 作成 (6460)
  • 削除
  • 影響 (6739)
  • 説明 (6749)
  • ダンプ (6756)
  • 取り付け (6470)
  • 定義 (6426)
  • 名前の変更 (6779)
  • 複写に適したタイプ (6506)
  • 複写の説明 (6513)
  • 複製
  • バックアップ・バージョンの (6524)
  • 複写のための (6483)
  • ボリューム・ヘッダーの ID 番号 (6604)
  • 読み取り / 書き込みマウント・ポイント
  • マウント・ポイント 項目を参照 (6550)
  • 読み取り専用ボリューム
  • アトミック・リリースの必要性 (6493)
  • 移動 (6674)
  • サイトの選択 (5700)
  • 作成 (6480)
  • 説明 (6512)
  • 削除
  • 影響 (6741)
  • ダンプ (6757)
  • 定義 (6427)
  • 取り付け (6508)
  • 名前の変更 (6780)
  • ボリューム・ヘッダーの ID 番号 (6605)
  • リリース (6521)
  • VLDB のサイトの定義 (6514)
  • 読み取り専用ボリュームの二者択一のリリース (6492)
  • リスト
  • 発行者が保留するトークン (5768)
  • リセットする
  • ディスク・キャッシュ・サイズをデフォルト値に (7391)
  • リブート
  • サーバー・マシン、指示 (6237)
  • ファイル・サーバー・マシン、制限 (5714)
  • リモート・サービス
  • AFS の変更 (5823)
  • リリース
  • アトミシティに必要な読み取り専用ボリューム (6494)
  • 新規の複製を強制する読み取り専用ボリューム (6502)
  • 読み取り専用ボリューム (6520)
  • VLDB 項目内のサイト定義の状況フラグ (6587)
  • リリース・ステージ、複写の (6487)
  • ルート・ディレクトリー (5565), (6450)
  • ルート・ボリューム (root.afs および root.cell) (5694)
  • パッケージ用プロトタイプ・ファイル (7530)
  • パッケージ用ライブラリー・ファイル (7534)
  • scout プログラムの表示 (7148)
  • uss テンプレート・ファイル (7631)
  • ローカル構成ファイル (サーバー) (5943)
  • ローカル・セル (5550)
  • アクセスを外部ユーザーに許可する (5675)
  • 外部セルで見ることができるようにする (5664)
  • 外部のセルを見ることができるようにする (5671)
  • ローカル・ディスク
  • クライアント・マシンで必要なファイル (5720)
  • パッケージを使用してクライアント上で構成する (7517)
  • ファイル・サーバー・マシンでの保護 (5711)
  • ローカル・パスワード・ファイル
  • パスワードの設定
  • 手動によるアカウントの作成 (7736)
  • uss による (7606)
  • AFS で変更されたログイン・ユーティリティーを使用しない場合 (5764)
  • AFS で変更されたログイン・ユーティリティーを使用する場合 (5761)
  • AFS ユーザーの項目作成
  • 手動によるアカウントの作成 (7732)
  • uss による (7599)
  • uss による共通送信元バージョンの作成 (7608), (7610)
  • ログイン
  • 試行失敗数の制限 (7759)
  • ログイン・ユーティリティー
  • AFS バージョン (5760)
  • AFS バージョンとローカル・パスワード・ファイルとの相互作業 (5762)
  • ログ・ファイル
  • サーバー・プロセスの (5987)
  • 表示 (6407)
  • 複写済みのデータベースの (5965)
  • fms.log (6846)
  • ロケーション
  • クライアントの設定 (7370)
  • uss テンプレート・ファイルに対する標準 (7627)
  • ロック
  • VLDB 項目 (6788), (6789)
  • ロック解除
  • VLDB 項目 (6792)
  • ロックされた VLDB 項目
  • 表示 (6580)
  • ロック解除 (6793)
  • 割り当て
  • マシンに対するAFS UID (7910)
  • AFS GID をグループへ (7918)
  • AFS UID をユーザーに (7748)
  • uss による AFS UID の (7603)
  • 割り当て量
  • グループ作成
  • 設定 (7976)
  • 表示 (7863)
  • 数字
  • 2 次サイト (Ubik) (6054)
  • A
  • A 命令
  • uss テンプレート・ファイル (7690)
  • ACL
  • 外部ユーザー (8053)
  • グループになったアクセス権の省略 (8037)
  • グループ項目、有用性 (8047)
  • 項目の削除 (8061)
  • 項目の設定 (8058)
  • 項目の追加 (8060)
  • 項目の編集 (8059)
  • システム・グループ (8050)
  • 消去 (8076), (8092)
  • 新規ボリュームのデフォルト (6462)
  • すべての項目を置換 (8075)
  • 通常アクセス権と禁止アクセス権 (8043)
  • 定義済みアクセス権 (8019)
  • ディレクトリー間でコピーする (8083)
  • 古くなった AFS ID の除去 (8088)
  • 表示 (8054)
  • 補助アクセス権 (8036)
  • UNIX 保護との比較 (8015)
  • uss によるディレクトリーに対する設定 (7663)
  • uss によるホーム・ディレクトリー上の設定 (7654)
  • ACL アクセスの省略表記 all (8039)
  • ACL アクセスの省略表記 none (8040)
  • ACL 上のアクセス権
  • 定義済み (8018)
  • ACL の 挿入アクセス権
  • 参照: ACL の i アクセス権 (8022)
  • ACL の a アクセス権 (8027)
  • ACL の d アクセス権 (8025)
  • ACL の i アクセス権 (8023)
  • ACL の k アクセス権 (8033)
  • ACL の l アクセス権 (8021)
  • ACL の r アクセス権 (8029)
  • ACL の w アクセス権 (8031)
  • ACL の管理アクセス権
  • 参照: ACL の a アクセス権 (8026)
  • ACL の禁止アクセス権
  • 定義済み (8045)
  • ACL の削除アクセス権
  • 参照: ACL の d アクセス権 (8024)
  • ACL の通常アクセス権
  • 定義済み (8044)
  • ACL の補助アクセス権 (8035)
  • ACL のルックアップ・アクセス権
  • 参照: ACL の l アクセス権 (8020)
  • ACL のロック・アクセス権
  • 参照: ACL の k アクセス権 (8032)
  • AFS
  • グローバル・ネーム・スペース (5655)
  • サーバー暗号化鍵 (参照: サーバー暗号化鍵) (7242)
  • 使用するサーバー・プロセス (5577)
  • 初期設定スクリプト (7328)
  • セキュリティー機能 (5809)
  • トラフィックの削減 (5572)
  • ルート・ディレクトリー (/afs)
  • クライアント・マシン (5658)
  • セル・ファイル・スペース (5679)
  • AIX サーバー・マシンのイベント監査 (7237)
  • UID、参照: AFS UID (5584)
  • UNIX との相違点の要約 (5606)
  • UNIX とは別の認証 (5751)
  • AFS GID
  • 自動割り振りのカウンター、 表示および設定 (7993)
  • 定義 (7871)
  • 表示
  • 保護データベースのすべてのグループの (7899)
  • 1 グループの (7851)
  • ACL から古くなったものを削除 (8091)
  • AFS UID
  • 再利用、について (7913)
  • 自動割り振りのカウンター、 表示および設定 (7992)
  • 自動割り振りのカウンターを設定する (8007)
  • 定義 (7870)
  • 表示
  • 保護データベース内のすべてのユーザーとマシンの (7898)
  • 1 ユーザーまたはマシンの (7850)
  • 予約済み
  • システム定義のグループ (5749)
  • anonymous ユーザー (5731)
  • 割り当て
  • pts createuser コマンドによる (7746)
  • uss による (7709)
  • ACL から古くなったものを削除 (8090)
  • UNIX UID との一致 (7600)
  • UNIX UID との突き合わせ (7733)
  • afs 項目、認証データベースの
  • 設定、 サーバー暗号化鍵の (7282)
  • 表示 (7271)
  • AFSCELL 環境変数 (6970)
  • AFSCONF 環境変数 (NFS/AFS 変換プログラム) (8161)
  • afsd プログラム (7313)
  • afsmonitor プログラム
  • 画面レイアウト (7196)
  • 機能の要約 (7188)
  • キャッシュ・マネージャー統計 (8182)
  • 構成ファイルの作成 (7197)
  • コマンド構文 (7200)
  • 使用可能な統計 (8181)
  • 実行要件 (7189)
  • 出力ファイルの作成 (7199)
  • 端末タイプの設定 (7192)
  • 停止 (7202)
  • ファイル・サーバー統計 (8183)
  • AFSSERVER 環境変数 (NFS/AFS 変換プログラム) (8159)
  • afszcm.cat ファイル (7334)
  • AIX
  • テープ装置の構成 (6852)
  • AFS イベントの監査
  • 使用可能イベントのリスト (8184)
  • について (7238)
  • AIX サーバー・マシンの AFS イベント監査 (7239)
  • anonymous ユーザー
  • 認証されていないユーザーに割り当てる ID (6172)
  • 予約済み AFS UID (5730)
  • ASK 手順、CFG_device_name ファイル (6962)
  • asynchrony
  • キャッシュ・マネージャーの書き込み操作を使用可能にする (7503)
  • AuthLog ファイル (5989)
  • 表示 (6416)
  • AUTOQUERY 手順、CFG_device_name ファイル (6961)
  • B
  • B 命令
  • パッケージ構成ファイル (7549)
  • backup コマンド
  • 終了 (6981)
  • ジョブ (6989)
  • 状況 (7004)
  • 対話モード
  • 終了 (6984)
  • 入る (6977)
  • 特権を付与する (8137)
  • adddump (6917)
  • addhost (6858)
  • addvolentry (6878)
  • addvolset (6874)
  • dbverify (7079)
  • deldump (6928)
  • deletedump (7087)
  • delhost (6861)
  • delvolentry (6893)
  • delvolset (6888)
  • diskrestore (7068)
  • dump (7026)
  • dumpinfo (7031)
  • kill (6994)
  • labeltape (6942)
  • listdumps (6934)
  • listhosts (6867)
  • listvolsets (6883)
  • readlabel (6944)
  • restoredb (7084)
  • savedb (7082)
  • scantape (7044)
  • setexp (6923)
  • volinfo (7037)
  • volrestore (7064)
  • volsetrestore (7070)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5841)
  • BackupLog ファイル (5991)
  • 表示 (6414)
  • BAK バージョンのバイナリー・ファイル
  • 古くなったものの除去 (6116)
  • bos install コマンドが作成した (6093)
  • bos uninstall コマンドが使用する (6104)
  • bdb.DB0 ファイル (5968)
  • bdb.DBSYS1 ファイル (5970)
  • shutdown (6367)
  • install (6096)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5843)
  • bos コマンド
  • 機能の要約 (6250)
  • 再始動
  • 選択したプロセス (6383)
  • BOS サーバーを含む (6377)
  • BOS サーバーを除く (6379)
  • -bosserver フラグ (6376)
  • サルベージ (6704)
  • 状況 (6323)
  • 相互認証、う回 (6188)
  • 特権を付与する (8135)
  • addhost (6155)
  • addkey
  • 基本命令 (7284)
  • 鍵の緊急事態を取り扱う場合 (7301)
  • adduser (8151)
  • create (6339)
  • delete (6349)
  • exec (6241)
  • getdate (6114)
  • getlog (6423)
  • getrestart (6399)
  • listhosts (6139)
  • listkeys (7268)
  • listusers (8147)
  • prune (6125)
  • removehost (6166)
  • removekey (7292)
  • removeuser (8155)
  • setauth (6178)
  • setrestart (6402)
  • start (6365)
  • startup (6369)
  • stop (6359)
  • uninstall (6106)
  • BOS サーバー
  • サーバー・プロセスの監視 (6243)
  • サーバー・プロセス・バイナリーの保守機能 (6082)
  • サーバー・マシンのリブートの役割 (6239)
  • 再始動時間、表示と設定 (6389)
  • 接触する時期 (6248)
  • 説明 (5580)
  • メモリー状態 (6307)
  • ログ・ファイルの表示 (6419)
  • BosConfig ファイルの使用 (6306)
  • bosserver プロセスとして (6245)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5849)
  • BOS サーバーの再始動時間 (自動)
  • 時間の表示と設定 (6392)
  • BOS サーバーの週ごとの再始動 (自動)
  • 時間の表示と設定 (6391)
  • BOS サーバーのメモリー状態 (6308)
  • BosConfig ファイル (5945)
  • 項目の表示 (6322)
  • サーバー・プロセス項目の作成 (6338)
  • サーバー・プロセス項目の削除 (6345)
  • 情報 (6290)
  • 状況フラグを NotRun から Run に変更する (6363)
  • 状況フラグを Run から NotRun に変更する (6357)
  • 定義済み時間の再始動 (6398)
  • BosConfig ファイルにあるプロセスの状況ファイル
  • 実行、非実行、意味 (6301)
  • BosConfig ファイルの状況フラグ
  • NotRun を Run に変更する (6362)
  • Run を NotRun に変更する (6356)
  • BosLog ファイル (5993)
  • 表示 (6415)
  • bosserver
  • (参照項目: BOS サーバー) (5845)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5844)
  • buserver
  • (参照項目: バックアップ・サーバー) (5851)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5850)
  • butc コマンド (7000)
  • C
  • C 命令
  • パッケージ構成ファイル (7553)
  • cacheinfo ファイル (7319)
  • 形式 (7382)
  • 設定
  • キャッシュ・サイズ (7357)
  • ディスク・キャッシュ・ロケーション (7355)
  • ディスク・キャッシュを指定されたサイズにリセットする (7392)
  • 内容を表示する (7356)
  • CacheItems ファイル (7341)
  • CellServDB ファイル (クライアント)
  • カーネル・メモリー内にコピーする (7402)
  • クライアントのための中央更新ソース (7408)
  • 正しい形式 (7404)
  • について (7320), (7395)
  • パッケージを使用または使用せずに更新する (7426)
  • 表示 (7410)
  • 変更 (7424)
  • 保守 (7407)
  • AFS サポートからのグローバル・ソース (7409)
  • CellServDB ファイル (クライアント) の形式 (7405)
  • CellServDB ファイル (サーバー)
  • データベース・サーバー・マシンの除去 (6159)
  • データベース・サーバー・マシンの追加 (6147)
  • について (5932)
  • 表示 (6141)
  • 保守 (6130)
  • 間違った情報の結果 (6135)
  • Ubik のオペレーションにおける重要性 (6060)
  • CellServDB ファイル、AFS プロダクト・サポートによって保守される
  • グローバル更新ソースとして (5667)
  • CellServDB.local ファイル (5669)
  • CFG_device_name ファイル (6948)
  • chgrp コマンド
  • UNIX と比較した AFS (5617)
  • chmod コマンド
  • UNIX と比較した AFS (5612)
  • chown コマンド
  • UNIX と比較した AFS (5615)
  • close システム呼び出し
  • NFS クライアントに保管されるファイルの (8168)
  • cm event set (fstrace) (7151)
  • cmfx trace log (fstrace) (7149)
  • Conn 統計、scout プログラムによる (7114)
  • CPS (7817)
  • cron サーバー・プロセス
  • BosConfig ファイルでの定義 (6336)
  • cron プロセス
  • bos create コマンドを使用した作成 (6343)
  • curses グラフィックス・ユーティリティー
  • afsmonitor プログラム (7190)
  • scout プログラム要件 (7100)
  • D
  • D 命令
  • パッケージ構成ファイル (7537)
  • uss テンプレート・ファイル (7662)
  • Disk attn 統計、scout プログラムによる (7123)
  • E
  • E 命令
  • uss テンプレート・ファイル (7678)
  • etc/exports ファイル (8169)
  • etc/fstab ファイル
  • (参照項目: ファイル・システム登録ファイル) (6206)
  • event set (fstrace)
  • cm (7152)
  • F
  • F 命令
  • パッケージ構成ファイル (7541)
  • uss テンプレート・ファイル (7672)
  • Fetch 統計、scout プログラムによる (7115)
  • FileLog ファイル (5996)
  • 表示 (6410)
  • fileserver
  • (参照項目: ファイル・サーバー) (5857)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5856)
  • fms コマンド (6848)
  • fms.log file (6844)
  • FORCESALVAGE ファイル (6010)
  • fs コマンド
  • 検査 (6657)
  • 相互認証、う回 (6196)
  • 特権を付与する (8101)
  • checkservers (7440)
  • checkvolumes (7460)
  • cleanacl (8094)
  • copyacl (8086)
  • examine (6733)
  • exportafs (8173)
  • flush (7456)
  • flushmount (7462)
  • flushvolume (7458)
  • getcacheparms (7376)
  • getcellstatus (7433)
  • getclientaddrs (7489)
  • getserverprefs (7470)
  • listacl (8056)
  • listcells (7415)
  • listquota (6651), (6722)
  • lsmount (6560)
  • mkmount
  • 一般的説明 (6566)
  • バックアップ・ボリュームの取り付け時 (6544)
  • ボリューム復元時 (6772)
  • ボリュームを名前変更するとき (6787)
  • 一般的説明 (6566)
  • ユーザー・アカウントの作成時 (7755)
  • ユーザー名の変更時 (7796)
  • 読み取り / 書き込みボリュームの (6472)
  • newcell (7428)
  • quota (6718)
  • rmmount (6574)
  • ボリュームの削除時 (6753)
  • ボリュームを名前変更するとき (6785)
  • ユーザー・アカウントの削除時 (7808)
  • ユーザー名の変更時 (7791)
  • setacl (8068)
  • setcachesize (7387)
  • setcell (7435)
  • setclientaddrs (7491)
  • setquota (6712)
  • setserverprefs (7472)
  • setvol (6716)
  • storebehind
  • デフォルトの非同期性の設定 (7506)
  • デフォルトの非同期性の表示 (7510)
  • 特定のファイルの非同期性の表示 (7512)
  • 特定のファイルへの非同期性の設定 (7508)
  • sysname (7499)
  • whereis (6664)
  • -clear フラグ (8081)
  • -negative フラグを付けた (8070)
  • fs サーバー・プロセス
  • BosConfig ファイルでの定義 (6337)
  • fs タイプ・サーバー・プロセス
  • 定義済み (6294)
  • fs プロセス (6255)
  • 作成 (6342)
  • fsck コマンド
  • AFS バージョン (5635)
  • UNIX と比較した AFS (5633)
  • fstab ファイル
  • (参照項目: ファイル・システム登録ファイル) (6207)
  • fstrace コマンド
  • クリア (7182)
  • 使用例 (7187)
  • 特権要件 (7160)
  • dump (7177)
  • lslog (7173)
  • lsset (7169)
  • setlog (7161)
  • setset (7165)
  • fsync システム呼び出し
  • AFS クライアント上に保管されたファイルに対する (5641)
  • NFS クライアントに保管されるファイルの (8167)
  • ftpd コマンド
  • UNIX と比較した AFS (5619), (5825)
  • G
  • groups コマンド
  • UNIX と比較した AFS (5621)
  • I
  • inetd コマンド
  • UNIX と比較した AFS (5623), (5827)
  • K
  • kas コマンド
  • 検証、 afs 鍵の検査 (7274)
  • 相互認証、う回 (6189)
  • 対話式 (6192)
  • 特権を付与する (8120)
  • create (7751)
  • ユーザー名の変更時 (7784)
  • delete
  • ユーザー名の変更時 (7782)
  • ユーザー・アカウントの削除時 (7801)
  • examine
  • ADMIN フラグの表示 (8125)
  • setfields (5787), (5792)
  • パスワードの存続時間の設定 (7765)
  • パスワード再利用の禁止 (7768)
  • 認証の試行の失敗を制限 (7761)
  • ADMIN フラグを設定する (8128)
  • setpassword (5783), (5799), (7286), (7773)
  • setpassword、鍵の緊急事態を取り扱う場合 (7302)
  • unlock (7763)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5863)
  • kaserver プロセス
  • (参照項目: 認証サーバー) (5865)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5864)
  • kaserver.DB0 ファイル (5972)
  • kaserver.DBSYS1 ファイル (5974)
  • KeyFile ファイル
  • 機能 (5934)
  • 記憶サイト、 サーバー暗号化鍵の (7252)
  • サーバー暗号化鍵の削除 (7290)
  • サーバー暗号化鍵の追加 (7279)
  • 表示 (7263)
  • klog コマンド (5770)
  • 鍵の緊急事態を取り扱う場合 (7300)
  • 試行失敗数の制限 (7760)
  • -setpag フラグ (5756)
  • klog.krb コマンド (5805)
  • knfs コマンド (8177)
  • kpasswd コマンド (5781), (5796)
  • kpwvalid プログラム (5800)
  • kvno
  • 参照: 鍵バージョン番号 (7251)
  • L
  • L 命令
  • パッケージ構成ファイル (7545)
  • uss テンプレート・ファイル (7679)
  • libxstat_cm.a ライブラリー (7213)
  • これを使用するサンプル・コマンド (7226)
  • 詳細情報の取得 (7223)
  • データ収集 (7220)
  • ルーチン (7215)
  • xstat_cm_test サンプル・コマンド (7234)
  • libxstat_fs.a ライブラリー (7212)
  • これを使用するサンプル・コマンド (7225)
  • 詳細情報の取得 (7222)
  • データ収集 (7219)
  • ルーチン (7214)
  • xstat_fs_test サンプル・コマンド (7230)
  • ln コマンド
  • UNIX と比較した AFS (5625)
  • lost+found ディレクトリー (5638)
  • M
  • max group id カウンター (保護データベース)
  • 設定 (8001)
  • 表示 (7997)
  • max user id カウンター (保護データベース)
  • 設定 (8000)
  • 表示 (7996)
  • mount コマンド (8176)
  • MOUNT 手順、CFG_device_name ファイル (6953)
  • N
  • NAME_CHECK 手順、CFG_device_name ファイル (6965)
  • NetInfo ファイル (クライアント・バージョン) (7322), (7482)
  • NetInfo ファイル (サーバー・バージョン) (5947)
  • 作成/編集 (6227)
  • NetRestrict ファイル (クライアント・バージョン) (7324), (7486)
  • NetRestrict ファイル (サーバー・バージョン) (5949)
  • 作成/編集 (6230)
  • New release
  • VLDB 項目内のサイト定義の状況フラグ (6592)
  • NFS/AFS 変換プログラム (8157)
  • AFSCONF 環境変数 (8160)
  • NoAuth ファイル (5951)
  • 緊急事態での作成 (7298)
  • Not released
  • VLDB 項目内のサイト定義の状況フラグ (6590)
  • NotRun 状況フラグ、BosConfig ファイルの
  • 定義済み (6303)
  • Run への変更 (6361)
  • ntpd
  • 接触する時期 (6278)
  • 説明 (5604)
  • runntp プロセスによって呼び出される (6276)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5870)
  • NTPD (5874)
  • ntpdc
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5876)
  • O
  • Old release
  • VLDB 項目内のサイト定義の状況フラグ (6591)
  • OLD バージョンのバイナリー・ファイル
  • 古くなったものの除去 (6117)
  • bos install コマンドが作成した (6094)
  • bos uninstall コマンドが使用する (6105)
  • OldFiles ディレクトリー
  • バックアップ・ボリュームのマウント・ポイントとして (6540)
  • P
  • package コマンド (7577)
  • PAG
  • klog または pagsh コマンドによる作成 (5757)
  • pagsh コマンド (5754)
  • pagsh.krb コマンド (5806)
  • prdb.DB0 ファイル (5976)
  • prdb.DBSYS1 ファイル (5978)
  • pts コマンド
  • adduser (7946)
  • system:administrators グループ (8113)
  • chown (7966)
  • creategroup (7933)
  • createuser
  • マシン項目 (7914)
  • ユーザー・アカウント (7749)
  • delete (7960)
  • ユーザー・アカウントの削除時 (7812)
  • examine (7868)
  • listentries (7906)
  • listmax (7994)
  • listowned (7888)
  • membership (7880)
  • system:administrators グループの表示 (8109)
  • removeuser (7953)
  • system:administrators グループ (8117)
  • rename
  • マシンまたはグループの名前 (7973)
  • ユーザー名 (7780)
  • setfields
  • グループ作成割り当て量を設定する (7980)
  • プライバシー・フラグの設定 (7988)
  • setmax (8009)
  • 相互認証、う回 (6190)
  • 特権を付与する (8100)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5880)
  • ptserver プロセス
  • (参照項目: 保護サーバー) (5882)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5881)
  • R
  • rcp コマンド
  • UNIX と比較した AFS (5627), (5829)
  • read
  • ACL アクセス権 (参照: ACL の r アクセス権) (8028)
  • ACL アクセス権の省略表記 (8041)
  • ReleaseClone (6495)
  • ReleaseClone ボリューム
  • ボリューム・ヘッダーの ID 番号 (6607)
  • rlogind コマンド
  • UNIX と比較した AFS (5629), (5831)
  • root スーパーユーザー
  • ログインの制限 (5814)
  • rsh コマンド
  • UNIX と比較した AFS (5631), (5833)
  • Run 状況フラグ、BosConfig ファイルの
  • 定義済み (6302)
  • NotRun への変更 (6355)
  • runntp
  • (参照項目: NTPD) (5888)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5887)
  • runntp プロセス (6275)
  • S
  • S 命令
  • パッケージ構成ファイル (7557)
  • uss テンプレート・ファイル (7680)
  • SalvageLog ファイル (5998)
  • 表示 (6411)
  • SALVAGE.fs ファイル (5953)
  • salvage.lock ファイル (5955)
  • scout プログラム (7089)
  • アテンション・レベル、設定 (7143)
  • 機能の要約 (7097)
  • 起動 (7139)
  • 強調表示 (7126)
  • コマンド構文 (7141)
  • サンプル (コマンドおよび表示) (7147)
  • 障害、モニター (7131)
  • 端末タイプの設定 (7101)
  • 停止 (7146)
  • ディスク使用量のモニター (7122)
  • バナー行 (7110)
  • 反転表示 (7128)
  • 表示、サイズ変更 (7135)
  • 表示される統計 (7112)
  • 表示レイアウト (7108)
  • プローブレポート作成行 (7124)
  • ベース名 (7106)
  • 要件 (7098)
  • scout プログラム画面のバナー行 (7111)
  • scout プログラムにおけるベース名 (7107)
  • setuid プログラム (7432)
  • 関する制約事項 (5644)
  • モード・ビットの設定 (5614)
  • share コマンド (8171)
  • Store 統計、scout プログラムによる (7116)
  • strings コマンド (6128)
  • synchrony
  • キャッシュ・マネージャーの書き込み操作の制御 (7504)
  • sys コマンド (7501)
  • sysid ファイル (5957)
  • system:administrators グループ (7831)
  • 特権の結果 (8106)
  • について (5745)
  • メンバー
  • 削除 (8115)
  • 追加 (8111)
  • 表示 (8107)
  • system:anyuser グループ (7829)
  • について (5746)
  • ACL 上で使用 (8051)
  • system:authuser グループ (7830)
  • について (5747)
  • ACL 上で使用 (8052)
  • T
  • tapeconfig ファイル (6843)
  • 所有権の割り当て (6855)
  • TGS (7246)
  • ThisCell file (サーバー) (5937)
  • ThisCell ファイル (クライアント) (7326)
  • の値を設定する (7447)
  • プログラムによる使用法 (5653)
  • tokens
  • コマンド (5766)
  • サーバー・プロセスのための作成 (5773)
  • セル当り 1 つの規則 (5752)
  • のデータ (5821)
  • ユーザーに表示 (5765)
  • ユーザーのためのデフォルトの存続時間の設定 (5779)
  • unlog コマンドを使った廃棄 (5778)
  • tokens.krb コマンド (5807)
  • trace log from (fstrace)
  • cmfx (7150)
  • U
  • Ubik
  • オペレーションの説明 (6052)
  • 機能の要約 (6062)
  • コーディネーターの選出 (6067)
  • サーバーとクライアントの部分 (6064)
  • 自動更新 (6056)
  • 整合性の保証 (6066)
  • 定義される過半数 (6072)
  • ミスマッチ・サーバー暗号化鍵による障害 (7296)
  • 要件の要約 (6058)
  • CellServDB ファイルの使用 (6133)
  • NetInfo および NetRestrict ファイルの使用 (6219)
  • Ubik コーディネーターの選出 (6069)
  • udebug
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5897)
  • UFS
  • モード・ビット、AFS での解釈 (8096)
  • AFS と比較したファイル保護 (8013)
  • umount コマンド (6213)
  • UNIX
  • モード・ビット、AFS での解釈 (8095)
  • AFS との相違点の要約 (5607)
  • UID
  • AFS UID との機能の違い (5586)
  • UNIX UID
  • AFS UID との一致 (7604)
  • AFS UID との違い (7872)
  • AFS UID との突き合わせ (7734)
  • unlog コマンド (5775)
  • 鍵の緊急事態を取り扱う場合 (7299)
  • UNMOUNT 手順、CFG_device_name ファイル (6952)
  • upclient
  • (参照項目: 更新サーバー) (5902)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5901)
  • upserver
  • (参照項目: 更新サーバー) (5908)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5907)
  • useCount カウンター、磁気テープ・ラベルの (バックアップ・システム) (6904)
  • UserList ファイル (5939)
  • 特権の結果 (8133)
  • 表示 (8145)
  • ユーザーを削除する (8153)
  • ユーザーを追加する (8149)
  • usr/afs/backup ディレクトリー
  • 所有権の割り当て (6854)
  • usr/afs/bin ディレクトリー
  • 古くなった .BAK と .OLD のファイルの除去 (6123)
  • usr/afs/bin/bosserver (6247)
  • usr/vice/cache ディレクトリー (7336)
  • usr/vice/etc ディレクトリー (7308)
  • uss
  • アカウント
  • アカウント作成失敗からの回復 (7591)
  • 記号リンク、作成 (7686)
  • コマンド
  • 再発行、の影響 (7592)
  • コマンド結果のプリビュー (7589)
  • ハード・リンク、作成 (7681)
  • AFS UID、割り当て (7602)
  • uss コマンド
  • 既存の UNIX アカウントの変換 (7612)
  • 既存のアカウント・コンポーネントの上書き (7593)
  • 個別アカウント作成コマンドの利点 (7615)
  • 個別ユーザー・アカウントの作成 (7708)
  • 個別ユーザー・アカウントの削除 (7719)
  • コマンド、X 命令による実行 (7694)
  • ディレクトリー
  • 作成 (7658)
  • G 命令による均等配布 (7633)
  • パスワード / 認証セキュリティー、A 命令による設定 (7691)
  • バルクのユーザー・アカウントの作成と削除 (7726)
  • 必要な特権 (7581)
  • ファイル、プロトタイプからの作成 (7667)
  • ファイル、1 行のエコーによる作成 (7673)
  • ボリューム
  • 取り付け (7648)
  • 割り当て量の設定 (7644)
  • V 命令による作成 (7638)
  • ローカル・パスワード・ファイル
  • 共通送信元バージョンの作成 (7609)
  • ACL、ディレクトリーに対する設定 (7666)
  • ACL、ホーム・ディレクトリー上の設定 (7653)
  • add (7711)
  • 中断の回避 (7583)
  • bulk (7729)
  • delete (7720)
  • 中断の回避 (7584)
  • uss でのバルク・モード (7724)
  • uss テンプレート・ファイル
  • 記号リンク、作成 (7689)
  • 組み立てについての規則 (7630)
  • コマンド、X 命令による実行 (7698)
  • さまざまなアカウント・タイプに対する説明 (7618)
  • ゼロ長 (7643)
  • ディレクトリー
  • 均等配布の G 命令 (7637)
  • D 命令による作成 (7659)
  • 定数 (7622)
  • ハード・リンク、作成 (7685)
  • パスワード / 認証セキュリティー、A 命令による設定 (7693)
  • 番号変数 (7626)
  • 標準位置 (7628)
  • ファイル
  • プロトタイプからの作成 (7671)
  • 1 行のエコーによる作成 (7677)
  • 変数 (7624)
  • ボリューム
  • V 命令による作成 (7642)
  • ボリュームの割り当て、V 命令による設定 (7646)
  • マウント・ポイント、V 命令による作成 (7650)
  • 命令の要約 (7617)
  • 利点 (7616)
  • (7632)
  • A 命令 (7692)
  • ACL、設定
  • D 命令により作成されるディレクトリー (7665)
  • V 命令によるユーザーのホーム・ディレクトリー (7655)
  • D 命令 (7657)
  • E 命令 (7676)
  • F 命令 (7670)
  • G 命令 (7636)
  • L 命令 (7684)
  • S 命令 (7688)
  • V 命令 (7641)
  • X 命令 (7697)
  • uss バルク入力ファイル
  • 組み立てについての規則 (7728)
  • V
  • VL サーバー
  • 開始および停止について (6312)
  • キャッシュ・マネージャーのプリファレンス・ランク (7469)
  • サーバー CellServDB ファイルからの項目削除後の再始動 (6164)
  • サーバー CellServDB ファイルへの項目追加後の再始動 (6153)
  • 接触する時期 (6287)
  • 説明 (5595)
  • データベース・サーバー・マシンで実行する (6021)
  • 透過的アクセスに重要 (5597)
  • VLDB/ ボリューム・ヘッダーの同期の役割 (6445)
  • vlserver プロセスとして (6285)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5916)
  • VLDB (5596)
  • 項目の表示
  • ボリューム・ヘッダー (6623)
  • 登録済みサーバー・マシン・インターフェース
  • sysid ファイルにリスト (5960)
  • ボリューム項目 (6436)
  • ボリューム項目の表示 (6578)
  • ボリューム項目内のリリース状況フラグ (6588)
  • ボリュームのサイト・カウント (6584)
  • ボリューム・タイプのフラグ (6586)
  • ボリューム・ヘッダーによる同期化 (6442), (6678)
  • 読み取り専用サイトを定義する場所 (6517)
  • ロック / ロック解除項目 (6790)
  • VL サーバーが設定する意図フラグ (6682)
  • VLDB およびボリューム・ヘッダーの同時性
  • 欠如の症状 (6685)
  • 復元 (6686)
  • VL およびボリューム・サーバーによる保持 (6441)
  • vldb.DB0 ファイル (5980)
  • vldb.DBSYS1 ファイル (5982)
  • VLLog ファイル (5999)
  • 表示 (6412)
  • vlserver
  • (参照項目: VL サーバー) (5912)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5911)
  • Vn ファイル (データ・キャッシュ) (7346)
  • vnode インデックス (6475)
  • VolserLog ファイル (6001)
  • 表示 (6413)
  • volserver
  • (参照項目: ボリューム・サーバー) (5919)
  • /usr/afs/bin にあるバイナリー (5918)
  • VolumeItems ファイル (7344)
  • vos コマンド
  • 機能の要約 (6289)
  • 検査
  • ボリューム名の入手 (6639)
  • 作成
  • 基本命令 (6467)
  • 相互認証、う回 (6191)
  • 特権を付与する (8136)
  • リリース
  • 基本命令 (6523)
  • -f フラグによって新規の複製を強制する (6501)
  • addsite (6519)
  • backupsys (6546)
  • changeaddr (6235)
  • create
  • ユーザー・アカウントの作成時 (7753)
  • delentry (6748)
  • dump (6766)
  • examine
  • ボリューム ID の入手 (6634)
  • 基本命令 (6629)
  • listaddrs (6233)
  • listpart (6203)
  • listvldb
  • 構文 (6582)
  • ボリューム位置の入手 (6645)
  • listvol
  • 構文 (6596)
  • -extended フラグによる出力 (6620)
  • -fast フラグによる出力 (6602)
  • -long フラグによる出力 (6603)
  • lock (6795)
  • move
  • 基本命令 (6677)
  • ファイル・サーバー・マシン・ディスクを除去するとき (6212)
  • partinfo (6466)
  • remove
  • 基本命令 (6751)
  • ユーザー・アカウントの削除時 (7804)
  • remsite (6746)
  • rename
  • 基本命令 (6783)
  • ユーザー名の変更時 (7786)
  • restore
  • 新規のボリュームを作成する方法 (6770)
  • ボリュームを上書きする (6774)
  • syncserv
  • 影響 (6691)
  • 構文 (6695)
  • syncvldb
  • 影響 (6690)
  • 構文 (6693)
  • unlock (6797)
  • unlockvldb (6799)
  • zap (6744)
  • バックアップ (6542)
  • V.vol_ID.vol ファイル (6008)
  • W
  • which コマンド (6129)
  • write
  • ACL アクセス権の省略表記 (8042)
  • ACL アクセス権 (参照: ACL の書き込みアクセス権) (8030)
  • Ws 統計、scout プログラムによる (7119)
  • X
  • X 命令
  • uss テンプレート・ファイル (7699)
  • xstat データ収集機能 (7203)
  • サンプル・コマンド (7224)
  • 詳細情報の取得 (7221)
  • データ収集 (7218)
  • libxstat_cm.a ライブラリー (7205)
  • libxstat_fs.a ライブラリー (7204)
  • xstat_cm_test サンプル・コマンド (7236)
  • xstat_fs_test サンプル・コマンド (7232)
  • xstat、afsmonitor 実行の要件 (7191)

  • [ ページのトップ | 前ページ | 目次 | 索引 ]



    (C) IBM Corporation 2000. All Rights Reserved